筑前琵琶奏者 川村 旭芳

e0241325_2074261.jpg 11月19日(土)兵庫図書館主催 講演会・琵琶演奏「体感しよう。平家の魅力」に行って来た。来年はNHKの大河ドラマは「平清盛」、今このテーマでの公演は大変人気があり各地で同様の講演会も開催されていると聞いている。
 私はこの日初めて川村 旭芳の筑前琵琶の演奏聞いた。琵琶には全くの素人だが、津軽三味線同様その独奏の弾き語りの音色はDNA同じくする日本人総べての人の心の奥深くに深く浸みわたりもので、すっかり虜になってしまった。本テーマタイムリーさもあるので出来れば私たちの会合にお呼びしてもう一度聞いてみたいと思い交渉を予定している。皆さんも是非一度お聞きください。
                     by管理人

8歳より母の勧めで、筑前琵琶日本旭会 総師範 二代柴田旭堂に師事。
箏・尺八・胡弓などの四人の演奏家で結成された、和楽器ユニット「おとぎ」代表。
門人会「筑前琵琶 川村旭芳会」会長。
独奏の弾き語りを活動の中心に据えつつ、和・洋・民族楽器、朗読、舞踊など他分野との共演にも力を注ぐ。
また新しい琵琶語り曲の創作にも取り組み、母 川村素子の作詞による作品も発表している。
琵琶語りと朗読・演劇などを組み合わせた<音楽劇>の創作活動をライフワークとする。
1998年より2010年まで、和楽器オーケストラ 邦楽合奏団「鼎」(KANAE)所属。
現代曲においては薩摩琵琶も演奏し、関西の楽団などへの助演も数多い。
神戸市出身在住。

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2011-11-21 20:05 | ミュージック・ジャズ
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31