西宮十日えびす あれこれ

 十日えびすの祭典は、御狩神事(みかがりしんじ)と言われていました。この神事の内容は今ではわかりませんが、住吉大社に鎮座している江比須社の神事次第には巫女が男装をして狩の舞踏をすることがあります。鎌倉時代には、実際に狩猟をして、その多寡によって豊穣を占う農耕儀礼の風習があったようです。年の始めに謹慎斎戒の忌籠を行い、神意をうかがって生産増強・繁栄を願う祭りに現在の十日えびすの原点があるようです。

西宮神社の社務日記によると、十日えびすに授与するお札の数量が、元禄(1700年代)のころから天明(1780年代)にかけて十数倍に激増し、吉兆や鯛売りの店数も多く終日賑わうようになりました。吉兆とは今の屋台で、お祭りを盛り上げる役目を果たしています。

明治に入り、鉄道(現在のJR)が開通し、西ノ宮駅が設けられると遠方からの参拝者も増えてきたようです。静寂な宵が明けると街道筋の宿に泊まっていた人達や四国や瀬戸内からの船で乗付けてきた漁師が境内になだれこんできました。明治に入り暦が変わりましたが、十日えびすは旧暦の1月10日行われていたのですが、新暦の1月10日の参拝も多く、特に明治38年に阪神電車が開通すると、近隣からの参拝者が急増し、明治41年からは新暦の1月10日に神事を行うようになりました。
大正9年には阪急電車も開通し、神社近くに臨時駅を設けたり運賃の割引など交通機関による参拝者誘致合戦の激化に伴い十日えびすの参拝者が激増してきました。

補足1  西宮えびす神社は全国3500あるえびす神社の総社である。
 大阪の今宮戎神社がTV放映などされ有名であるが、実は本家はこちら。今宮戎は昔は今西宮戎神社と呼んでいました。つまり(今=新しい)西宮戎神社ということで後に作られたとの事。それが短縮され今宮戎になったそうです。ちなみに、西宮えびすと今宮戎は全く雰囲気が違うそうで、今宮戎に比べると割とおとなしい感じがするそうです。大阪人と西宮人の気質の違いなんでしょうか?

補足2 えびす神社の十日戎(えびす)は関西が中心で関東にはない。
 この十日戎とは商売繁盛を祈願するお祭りとして有名である。えびすさん自体もえびすビールがあるくらいだから全国的に有名なのだが、1月10日の十日戎はなぜか関西が中心。西日本の方にもあるらしいが関東にはないとの事。

補足3 実は福男選びであるが、福女にもなれる
 福男選びは別に男だけの行事ではないとの事。もちろん女性でも一着になれば、福女の称号が与えられます。ちなみに今まで一回も女の人が一着になったことはないそうです。

補足4 奉納されているマグロは十日えびすが終わったあと、
         西宮神社十日えびす関係者の胃の中へ奉納
 あの300キロを超える「招福マグロ」は近くの漁業組合から奉納されます。十日えびすの終了後、漁業組合の方々により解体され、その後十日えびすの関係者の方々が食べられるそうですが、昨年のは刺身にして約1,600人前!見事に胃の中に奉納されたそうです。ま、ありがたくお下がりを頂いたということですね。
                 by西宮情報誌ゲッチュウ
 西宮神社ホームページはここからご覧ください

e0241325_117642.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-01-08 07:09 | 地域情報
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31