17歳の女子高生 家入レオ「サブリナ」

 又面白い歌手がデビューした。一度聴いたら耳から離れないインパクトがすごい。
シンガー・ソングライターの家入レオ=写真=がシングル「サブリナ」(ビクター)でデビューした。青春期の葛藤をぶつけるように歌う17歳の女子高生だ。

 福岡県出身。13歳の時から、絢香やYUIを輩出した「音楽塾ヴォイス福岡校」で歌や作詞作曲を学んだ。歌手を志したのは、「大切な自分の気持ちを言葉で伝えるのは苦手で、歌なら自分の気持ちが歌えると思ったから」。

 中高一貫の女子校で、学校内での人間関係に悩んでいた。気持ちを偽っても立場を良くしようと思う自分に嫌気が差す毎日。そんなとき、尾崎豊の「15の夜」を聞き、涙が出た。「言葉では足りない部分もメロディーで表現できる音楽の力を知った」

 デビュー曲は、中学3年生の時に作った。孤独感で苦しんでいた時、「寂しさを紛らわすために」出会い系サイトを利用していた友人の気持ちを知った。「自分だけじゃなかったんだ」と、架空の女性「サブリナ」に誰しもが抱く空虚な気持ちを託した。つやのある美声を鋭く響かせる歌い方は、押し殺していた気持ちを解き放つかのようだ。「痛みを叫べるアーティストになりたい」とキッパリ語っている。
                 by読売

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-02-17 21:39 | ミュージック・ジャズ
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31