Windows 8は何が違う?

米マイクロソフトが2012年内に発売すると見られる次期OS(基本ソフト)の「ウィンドウズ エイト」。2012年2月29日に、テスト段階の試作版である「コンシューマー・プレビュー版」を一般の利用者に公開しました。公開初日から全世界で100万ダウンロードを記録するなど、大いに話題になりました。
 多くの方は、「現行のウィンドウズ セブンと比べて、使い勝手がどのくらい変わるのか」が気になるのではないでしょうか。正直なところ、起動後に最初に表示される画面は大きく変わります。というのも、ウィンドウズ エイトはタブレット端末でも簡単に操作できるように設計されていて、タッチ操作に便利なように従来のデスクトップ画面から大きく変更されたのです。

 ウィンドウズ エイトで最初に表示される「スタート画面」(図)には、ソフトの名称やイラストが入った大小様々な四角形の「タイル」が並んでいます。これは「メトロスタイル」と呼ばれる画面で、同社のスマートフォン(多機能携帯電話)向けOS「ウィンドウズ フォン セブン」と見た目や使い勝手がよく似ています。利用者は、タイルをタッチするかクリックして目的のソフトなどを起動します。従来のデスクトップに並ぶアイコンよりはタッチしやすいように設計されています。

 それぞれのタイルは、ソフトなどを起動しなくても必要な情報が表示されるように工夫されています。例えばメールのタイルには、新着のメールの件数を表示します。天気予報のタイルでは、あらかじめ登録しておいた場所の天気が常に確認できます。最低限の情報を得るには、「スタート画面」を一覧すればいいわけです。もちろん、タイルの大きさや順番は好みに応じて変えられます。

 「メトロはなんだか難しそう」と不安を覚えた人も安心してください。実は今までのようにマウスとキーボードで操作するのに適した「デスクトップ画面」も用意されています。ほぼウィンドウズ セブンと同じ使い勝手なので、慣れるまではこちらを使うのも手でしょう。そして、少しずつメトロスタイルの操作を覚えていけば、ウィンドウズ エイトへの移行がスムーズに進むのではないでしょうか。

 なお、コンシューマー・プレビュー版は誰でも無料でダウンロードして、ウィンドウズ エイトを試せます。ただし、正常に動作しなかったり、データが消えてしまったりする不具合があった場合、自己責任となるので、パソコンに詳しくない方はインストールしないほうが無難です。
(日経PCビギナーズ編集)
e0241325_1025282.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-03-31 11:57 | パソコン・IT
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31