NHK、消費電力3分の1で寿命7倍の有機ELデバイスを開発

 日本放送協会(NHK)は2012年9月4日、新たな材料を組み合わせることにより、省電力と実用的な寿命を兼ね備える赤色発光有機ELデバイスの開発に成功したと発表した。
e0241325_6164287.jpg
 NHKは、いつでもどこでも放送番組を視聴できるようにするため、有機ELデバイスを用いた超薄型で曲げられるフレキシブルディスプレーの研究開発を進めている。今回、発光材料として白金錯体を用い、ホスト材料として新たにベンゾキノリン誘導体を用いた材料を組み合わせることによって、従来のイリジウム錯体を用いたデバイスに比べて、3分の1の省電力化と7倍の長寿命を実現した(表)。


 今後は、赤色発光有機ELの省電力・長寿命特性をさらに向上させるとともに、緑色・青色発光の有機ELデバイスの試作を予定する。「これらの各色有機ELデバイスの開発により、フレキシブルディスプレーの早期実現を目指す」としている。


 今回の研究の一部は、総務省の委託研究「究極の省電力ディスプレイ実現に向けた高効率・長寿命有機ELデバイスの研究開発」として実施した。NHKは「第73回応用物理学会学術講演会」(9月11~14日開催)で今回の研究成果の報告を予定する。
                by(日経ニューメディア 長谷川博)
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-09-10 15:31 | パソコン・IT
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30