GoogleドライブとSkyDrive、オンラインストレージどちらを使うべきか

 ここ1、2年、利用者数を伸ばしてきたオンラインストレージサービスが、改めて注目を集めている。2012年4月、米グーグルが新しく「Googleドライブ」の提供を開始、米マイクロソフトも「SkyDrive」を機能強化し、本格参入してきたからだ(図1)。

 オンラインストレージとは、クラウド、つまりネットワーク上に自分専用のファイル保存領域を確保するサービス(図2)。ファイルをオンラインストレージに保存しておけば、会社のパソコンからでも、自宅のパソコンからでも、同じファイルにアクセスできる。USBメモリーのような物理的な記憶媒体の持ち歩きが不要になるほか、他人へのファイルの受け渡しもネットワークを介して瞬時に完了するなどメリットは多い。
e0241325_9144364.jpg

簡便かつ豊富な機能
 こうしたオンラインストレージで、従来、代表的なサービスと言われてきたのが米ドロップボックスの「Dropbox」だ。パソコン上のDropboxフォルダーにファイルを入れるだけで自動的にネット上の専用領域にアップロードしてくれる「自動フォルダー同期」など、簡便な使い勝手で人気を博してきた。

 GoogleドライブとSkyDriveはともに、Dropboxなどの先行サービスが提供してきた基本的なファイル保管機能を備えた上で、Office文書の閲覧・編集、Webサービスとの連携といった機能も加え、まさにオンラインストレージの決定版とも言うべき内容に仕上げてきた。クラウドにファイルを保存するという単一機能のサービスから、保存したファイルをさまざまに活用できる「総合オンラインストレージ」へ変化してきたとも言えるだろう。

OCR、遠隔操作などに差
 機能を具体的に見てみよう。ファイル保管関連の機能としては、両サービスともWebブラウザーだけで自分の保存領域にアクセスできる手軽な利用方法をベースに、前述した自動フォルダー同期機能、オンラインストレージに蓄積したファイルを簡単に知人に渡せる「共有」機能を共通して備えている。

 現時点では対象OSに限りがあるが、両者ともスマートフォン向けのアプリを提供している。写真や画像を保存して簡易オンラインアルバムのように活用したり、保存したファイルをSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)に手軽に投稿したりする機能もある。

 もちろん、両者には違いもある(図3)。まず容量と料金。無料で使える容量はGoogleドライブが5GBであるのに対してSkyDriveは7GBと余裕がある。追加容量を申し込んだときの料金もSkyDriveの方が割安となっている。

 機能面で見ると、Googleドライブはファイルの“うっかり削除”を防止する「ゴミ箱」機能や、PDFなどから文字を抽出するOCR機能を備える点などが優れている。SkyDriveは、離れたところにあるパソコンからファイルを拾い出せる「リモートアクセス」機能を持ち、移動の多いビジネスパーソンなどには便利だろう。

 WordやExcelなどのOfficeファイルは両サービスともWeb上で閲覧や簡単な編集が可能
e0241325_922414.jpg
だが、Googleドライブではいったんファイル形式を変換しなければならない。その点、SkyDriveではOfficeファイルのまま扱えるので、使い勝手が良い

 これから新しくオンラインストレージを利用するならば、こうした強みと弱点を押さえた上でサービスを選びたい。この特集では、代表的な活用シーンごとに、Googleドライブ、SkyDriveそれぞれの基本的な使い方と、機能の違いを確認していく。
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-10-11 16:06 | パソコン・IT
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30