神戸ハーバーランド「umie」が4月18日開業 大型3棟に225店舗、シネコンも

 神戸市の商業施設「神戸ハーバーランドumie(ウミエ)」(中央区)の開業日が4月18日に決まった。関西では同26日にはJR大阪駅北側に商業施設「グランフロント大阪 ショップ&レストラン」(大阪市北区)の開業が控えており、百貨店に続き、大型商業施設でも顧客争奪戦が激しくなりそうだ。

 ハーバーランドumieを運営する三菱倉庫とイオンモールの両社は7日、施設の概要を発表した。三菱倉庫が所有する「ハーバーランドダイヤニッセイビル」の「ノースモール」と「サウスモール」、海に面した「モザイク」の3棟を一体的に運営する。3棟合計の店舗面積は8万5千平方メートル。

 225店の飲食物販店とシネマコンプレックス(複合映画館)などで構成。主力顧客層を30歳代の家族連れと想定し、開業後1年間の来場者数は1500万人、売上高は360億円を見込む。

 飲食物販店のうち、神戸初出店と関西初出店が合計53店で、全体の約4分の1を占める。スウェーデンの「H&M」、米の「GAP」、スペインの「ベルシュカ」「ZARA」など世界のカジュアル衣料ブランドを集めた。

 一方、子供服・靴の店舗に加え、ウルトラマンのキャラクターショップなども出店する。隣接地には「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」が4月19日に開業し、子供連れの買い物客の集客相乗効果もねらう。

 3千台収容の駐車場は平日で3時間、土日祝は2時間まで無料。施設内での2千円以上の購入などで、平日は最大7時間、土日祝は6時間まで無料にする。

 高速道路からの利便性が高いため、淡路島や四国方面からの集客も見込んでいおり、観光バス用の駐車場も整備した。

 266店の飲食物販店がある「グランフロント大阪 ショップ&レストラン」は商圏も重なり、強力なライバルになりそうだが、イオンモールの岩本博常務は「家族連れと日常性を意識したテナント構成を心がけた。競合するとは考えていない」と話している。
byMSN
e0241325_11243121.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2013-03-29 11:24 | 地域情報
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31