低騒音でマッハ1・3、JAXAが試作機公開

  宇宙航空研究開発機構(JAXA)は30日、騒音が少ない超音速航空機の試作機を公開した。

 8月にスウェーデンで、騒音抑制の効果を確かめる滑空試験に臨む。

 開発拠点の富士重工業宇都宮製作所(栃木県)で公開された試作機は、全長約8メートル、重さ約1トンの無人機。

 航空機が音速を超えると、衝撃波が発生して地上で大きな爆発音が聞こえる。試作機は機首の下部に丸みをもたせ、機体後部に微小な凹凸を設けるなどの工夫により、騒音の半減を見込む。この技術で50人乗り旅客機を造れば、英仏の超音速旅客機「コンコルド」(100人乗り)の4分の1程度まで騒音を減らせるという。

 8月の実験では、機体を高度約30キロから滑空させてマッハ1・3まで加速し、騒音を測る。JAXAの吉田憲司プロジェクトマネージャは「低騒音設計を実現し、旅客機開発の技術を蓄積していきたい」と話す。

<b>5月30日読売新聞動画はここからご覧ください
(2013年5月30日23時31分 読売新聞)
JAXA動画

byJAXA
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2013-05-31 08:27 | サイエンス/読書
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31