あまちゃん人気、その訳は 巧みな仕掛け、世代超え共感

 視聴率20%超を連発して快走するNHK連続テレビ小説「あまちゃん」が、6月下旬から物語後半の「東京編」に突入した。訓覇(くるべ)圭チーフ・プロデューサー(46)とドラマ評論家の成馬零一さん(36)の話を交えながら、新しくて懐かしい「あまちゃん」ブームの謎を探ってみた。(三品貴志)

 ◆音楽

 軽妙なオープニングテーマはネットでの先行配信が人気を集め、6月19日発売のサウンドトラックアルバムは、発売初週で朝ドラ史上初のオリコン売り上げ5位に入った。

 作中での音楽も注目の的だ。アキ(能年玲奈)の母、春子(小泉今日子)がアイドルを目指していた1980年代を描く際には、松田聖子の「青い珊瑚礁(さんごしょう)」やYMOの「君に、胸キュン。」といった楽曲が本人の映像とともに流れ、懐かしさを刺激している。

 使用楽曲は脚本家の宮藤官九郎さんがほぼ全てを選曲しており、「今後も歌とドラマがシンクロしていく」と訓覇さん。東京編でもアイドルグループ「GMT47」がオリジナル挿入歌を披露するなど、耳を楽しませてくれそうだ。

 ◆小ネタ

 「宮藤さんの脚本は小ネタが多く情報密度が高い。1時間ドラマでは濃すぎた内容も、15分の朝ドラではちょうどよくなり、見やすさにつながっている」と成馬さんは分析する。


 小ネタとは、作中に織り交ぜられた細かい伏線や演出のこだわりだ。漁協を海女カフェにリフォームする場面では、テレビ朝日系「大改造!!劇的ビフォーアフター」のBGMを使うなど、オマージュ(敬意を込めた模倣)も目立つ。

 ネットではこうした小ネタや元ネタをまとめたサイトが相次いで誕生。ツイッターやフェイスブックなどでイラストを公開したり、ロケ地を探したりするなど、視聴体験を共有する動きが広がっている。

 ◆不安

 凝った演出には、80年代と平成20~21年という2つの時代を緻密に描き出す意図があるようだ。作品上の「現代」に当たる20~21年でも、テレビでリーマン・ショックが伝えられたり、スマートフォン(高機能携帯電話)が登場したりと、「ちょっと懐かしい」と思わせる仕掛けが満載。訓覇さんは「時代の風俗をきちんと描くことで、視聴者が過去を思い出すきっかけになれば」と話す。

 ドラマは懐かしさと同時に、この先に東日本大震災が起きるという“神の目”を視聴者に与えている。アキたちはあの震災下でどんな運命をたどるのか。そうした不安も、登場人物たちへの思い入れを深める効果を出しているようだ。

 ◆正統

 成馬さんは「小ネタが注目されがちだが、基本は幅広い年齢層に受け入れられるホームドラマ。脇役一人一人も主人公のように丁寧に描かれている」と話し、ドラマが朝ドラの“正統”であることを強調する。

 物語はアキと母の春子、祖母の夏(宮本信子)を軸に、家族愛や地域愛、そして友情を描いている。特に春子はかつてアイドルを夢見て夏と対立し、アキも同様に春子から反対される。東京編では、母子がそれぞれ東京でアイドルを目指した80年代と平成21年が奇妙にリンクする。

 「春子はアイドルを自分探し的に夢見ていたが、アキはファンの存在をとらえ、海女と同じサービス業として見ているのが現代的。そのギャップが面白い」と成馬さん。ドラマには、アイドルを媒介にした「少し昔」の日本文化史としての側面もあるようだ。


民放ドラマも復調の兆し
 「あまちゃん」ブームとともに、近年視聴率で苦戦してきた民放ドラマも復調の兆しを見せている。特にフジテレビは、「ガリレオ」と「ラスト・シンデレラ」が4月クールの民放連続ドラマの平均視聴率1位と2位を占め、「ラスト-」は7週連続で視聴率が上昇するという民放新記録も打ち出した。

 「ガリレオ」は平成19年に放送された人気ドラマの続編。フジは7月クールでも「救命病棟24時」「ショムニ2013」といった続編を放送し、他局も日本テレビが「斉藤さん2」、テレビ東京が「孤独のグルメSeason3」、テレビ朝日に至っては「DOCTORS2」など全新作が続編になる。

 フジの大多亮常務は4月の会見で「日本のドラマは新作が多すぎる。1クールで半分ほどは続編があっていい。視聴者ニーズに応えることになる」と話しており、こうした戦略が成功を続けるかが注目される。

 物語はアキと母の春子、祖母の夏(宮本信子)を軸に、家族愛や地域愛、そして友情を描いている。特に春子はかつてアイドルを夢見て夏と対立し、アキも同様に春子から反対される。東京編では、母子がそれぞれ東京でアイドルを目指した80年代と平成21年が奇妙にリンクする。

 「春子はアイドルを自分探し的に夢見ていたが、アキはファンの存在をとらえ、海女と同じサービス業として見ているのが現代的。そのギャップが面白い」と成馬さん。ドラマには、アイドルを媒介にした「少し昔」の日本文化史としての側面もあるようだ。

民放ドラマも復調の兆し
 「あまちゃん」ブームとともに、近年視聴率で苦戦してきた民放ドラマも復調の兆しを見せている。特にフジテレビは、「ガリレオ」と「ラスト・シンデレラ」が4月クールの民放連続ドラマの平均視聴率1位と2位を占め、「ラスト-」は7週連続で視聴率が上昇するという民放新記録も打ち出した。

 「ガリレオ」は平成19年に放送された人気ドラマの続編。フジは7月クールでも「救命病棟24時」「ショムニ2013」といった続編を放送し、他局も日本テレビが「斉藤さん2」、テレビ東京が「孤独のグルメSeason3」、テレビ朝日に至っては「DOCTORS2」など全新作が続編になる。

 フジの大多亮常務は4月の会見で「日本のドラマは新作が多すぎる。1クールで半分ほどは続編があっていい。視聴者ニーズに応えることになる」と話しており、こうした戦略が成功を続けるかが注目される。

 物語はアキと母の春子、祖母の夏(宮本信子)を軸に、家族愛や地域愛、そして友情を描いている。特に春子はかつてアイドルを夢見て夏と対立し、アキも同様に春子から反対される。東京編では、母子がそれぞれ東京でアイドルを目指した80年代と平成21年が奇妙にリンクする。

 「春子はアイドルを自分探し的に夢見ていたが、アキはファンの存在をとらえ、海女と同じサービス業として見ているのが現代的。そのギャップが面白い」と成馬さん。ドラマには、アイドルを媒介にした「少し昔」の日本文化史としての側面もあるようだ。

e0241325_14432864.jpg
民放ドラマも復調の兆し


 「あまちゃん」ブームとともに、近年視聴率で苦戦してきた民放ドラマも復調の兆しを見せている。特にフジテレビは、「ガリレオ」と「ラスト・シンデレラ」が4月クールの民放連続ドラマの平均視聴率1位と2位を占め、「ラスト-」は7週連続で視聴率が上昇するという民放新記録も打ち出した。

 「ガリレオ」は平成19年に放送された人気ドラマの続編。フジは7月クールでも「救命病棟24時」「ショムニ2013」といった続編を放送し、他局も日本テレビが「斉藤さん2」、テレビ東京が「孤独のグルメSeason3」、テレビ朝日に至っては「DOCTORS2」など全新作が続編になる。

 フジの大多亮常務は4月の会見で「日本のドラマは新作が多すぎる。1クールで半分ほどは続編があっていい。視聴者ニーズに応えることになる」と話しており、こうした戦略が成功を続けるかが注目される。
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2013-07-04 15:44 | 話題・ニュース
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31