「IT眼症」「VDT症候群」って何? どうすればいい?

 「IT眼症」とは、IT機器を長時間あるいは不適切に使用することで生じる目の病気と、その状態が引き金となって発症する全身症状のことです。「VDT(Visual Display Terminal)症候群」「テクノストレス眼症」とも呼ばれます。VDTとはパソコンやテレビなどのディスプレイを指します。ちなみに、私は眼科医として、ディスプレイなどを使って作業する人の健康状態を検診する「VDT(Visual Display Terminal)健診」を行うことがあるので、VDT症候群という呼び方がなじみます。

 IT眼症には、目の疲れ、充血、ドライアイ、頭痛、首・肩・腕・手・腰の痛みや疲れなどの症状、そして不安感やイライラなどの精神症状も含まれます。

 眼科を受診する人の訴えとしては、目が乾く、疲れる、充血する、痛い、ゴロゴロする、しょぼしょぼする、重たい、違和感がある、かすんで見える、光をまぶしく感じる、目やにが出る、頭が重い、頭痛がする、吐き気がするなどです。これらは、いわゆる「眼精疲労」と「ドライアイ」の症状です。どなたでも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

 何が原因で「IT眼症」が発病するのでしょうか。前回の記事を読まれた方ならもうお分かりだと思います。パソコンによる目の疲れの主な原因は、「ブルーライト」「画面にずっとピントを合わせ続けることによる疲れ」、そして「ドライアイ」です。加えてパソコンを使っているときは長時間同じ姿勢をとり続ける、ということもIT眼症の原因になっています。

検診項目に含まれないドライアイ
 VDT健診は法律で定められているものではありません。企業主催で行われるため、実際には健診を受けていないパソコンユーザーも多いでしょう。しかも、残念ながらVDT健診の項目にドライアイの検査は入っていません。VDT健診を受けていても、ドライアイに関してはまったくノータッチなわけです。これは、ドライアイというものが、ブルーライトと同様に、比較的新しい考え方だからかもしれません。

 しかし、実際に調査をしてみると、パソコンユーザーにはドライアイが多いのです。22歳以上のVDT作業従事者を調べたある調査では、ドライアイと診断されたことがある人が男性で10.1%、女性で21.5%。重度のドライアイ自覚症状があると回答した人が、男性で26.9%、女性で48.0%でした(出典:Ophthalmology 115: 1982-1988, 2008.)。一方、VDT作業従事者が少ない長野県の山岳地域にある小海市で行った同様のアンケート調査(出典:Ophthalmology 118: 2361-2367, 2011.)では、ドライアイと診断されたことがある人が男性で2.0% 女性で7.9%、重度のドライアイ自覚症状があると回答した人が男性で11.5%、女性で18.7%と、先に挙げた調査より割合が少ないのです。

 この2つの調査は、一般の人へのアンケートのみで、眼科医による診察結果を踏まえたものではありません。ただ、眼科医の診察結果が出ている調査でも、同様の傾向が出ています。ドライアイ専門眼科医による診察データが出ている、ある企業で行った「Osaka Study」と呼ばれる調査結果では、ドライアイだと診断された人が11.6%、その疑いがある人まで含めると65.6%。パソコンユーザーにドライアイが非常に多いという結果でした。VDT作業が長いとドライアイになりやすい、という傾向もあると報告されています。こうしたことから、VDT作業がドライアイを起こす原因であると言えます。
パソコンユーザーに多いドライアイは「ある時間」が短い

パソコンを使う人に多いドライアイには特徴があります。
 ドライアイというと、涙が少ないというイメージがあると思います。しかし実際には、パソコンを使っている人は涙の量は減らず、目の表面に乾燥による傷も少ないのです。ではどんな特徴なのかというと、「涙の質」が悪くなるのです。

 まばたきをして目を開けると、目の表面には涙の層が広がりますが、ある程度の時間がたつとその層が壊れ、乾いたスポットができます。目を開けてからこのスポットができるまでの時間を「Tear break-up time」、略してBUT(ビーユーティー)と眼科医は呼んでいます。

 このBUTが短いタイプのドライアイがパソコンユーザーに多いドライアイなのです。パッと見は、目の表面に傷もなく正常に見えてしまうことから、ドライアイにあまり興味のない眼科医には見逃されていることも少なくありません。しかし、非常に自覚症状が強いため患者さんは悩みます。正しい診断と治療を求めて眼科を転々としたあげく、目の異常はないからと心療内科受診を勧められることもあるようです。

 簡単に自分でできる診断法は、目を何秒開けていられるか、というものです。10秒開けていられなければ、このBUT短縮型ドライアイである可能性があります。ほかにもドライアイかどうかを自分でチェックする参考サイトがありますので、興味があったらご覧になってはいかがでしょうか(参天製薬のドライアイチェックページ、大塚製薬のドライアイチェックページ)。

IT眼症、どうすればいい?
 「自分はもしかしてIT眼症かも?」と思った時、どうすればよいでしょうか。目の疲れ、ドライアイのためには、目を閉じてしまうのが一番ですが、それでは仕事になりませんよね。前回の記事の目の疲れ対策を思い出してください。

 ・ブルーライトカット眼鏡を使う。
 ・近くを見るのに合った度数のメガネ、コンタクトレンズを使う。
 ・近くを見続けない。
 ・眼精疲労、ドライアイの目薬を使う。
 ・パソコン環境を整える。

 ブルーライトカット眼鏡については、前回書いた通りです。もう実行している人も多いと思いますが、効果はありましたか?

 老眼年齢でない20~30代の方は、メガネ、コンタクトレンズをかなり強い度数にしていることがあります。遠くがよく見えるような度数にしていると、パソコンなど近くを見るときにピントを合わせる筋肉に余分な力が必要となり疲れます。例えば夜間に車の運転をすることが多いというように、より遠くをはっきりと見る必要がないのであれば、ちょっと度数を弱めにした方がパソコン作業には目が疲れにくくて楽です。そして老眼ですが、これは100%の人がなります。よく「近眼なので老眼にならない」と言う方がいるのですが、これは間違いです。近眼の人でも、メガネ、コンタクトレンズで矯正すれば、老眼年齢の場合、近くが見えにくくなります。老眼は大体40歳くらいから始まり、70歳くらいまで進行します。その時点、そして見るものに合わせた老眼対策が必要となります。

 前回書いた透り、画面をずっと見ていると同じ状態が続き目は疲れます。パソコンの入力作業を45分以上続けると、ミスが急激に増えることがある調査で報告されています。厚生労働省のVDT作業指針でも「VDTの一連続作業は1時間以内とし、次の連続作業までの間に10~15分程度の休憩を取ることを推奨する」とされています。ただ、この休憩時間にスマホを見ていては目は全く休まりません。近くを見ていると、目の筋肉はずっと緊張したままなのです。 なるべく遠くのものを見るようにしましょう。

 目薬については、疲れ目用、ドライアイ用の市販の点眼を使ってみてください。それで効果がなければ眼科を受診しましょう。残念ながらパソコンユーザーに多いBUT短縮型ドライアイには、市販の目薬はあまり効果がありません。最近出たドライアイの治療薬、ジクアス点眼やムコスタ点眼が効果を上げていますが、眼科を受診して処方してもらう必要があります。

 最後の「パソコン環境を整える」については、次回の記事で説明します。

 医者は自分が専門である病気になるとよく言われますが、私もドライアイがあります。それもBUT短縮型です。休みの日には全然気になりませんが、忙しい外来日の夕方や、急ぎの仕事が入っていて、ずーっとパソコンを見ている日などは目やにでかすむ感じになり、イライラしてしまいます。ドライアイに困っていてもドライアイ診療は大好きで、語り始めると止まらないので、今回はこれくらいにしておきますね。
                  byPcオンライン
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2013-07-24 10:12 | パソコン・IT
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31