カテゴリ:地域情報( 33 )


阪神電車杭瀬駅の高架下「駅の街杭瀬」リニューアルに着手

阪神電気鉄道と阪急阪神ビルマネジメントはこのほど、杭瀬(くいせ)駅高架下の商業施設「駅の街杭瀬」のリニューアル工事に着手した。

「駅の街杭瀬」リニューアル後のイメージ
e0241325_17104831.jpg


今回のリニューアルでは、食品スーパー区画を拡張し、新たな核店舗として「デイリーカナート イズミヤ」を誘致。新たな専門店も導入して既存の10店舗から16店舗に増やし、毎日立ち寄りたくなるような魅力ある商業施設となることをめざすという。グランドオープンは2014年春頃の予定。リニューアル工事に合わせて、駅の利用者の利便性を一層高めるため、地上階と2階改札口を結ぶエレベーター1基を新設する。

なお、既存の店舗はリニューアル工事中も、「駅の街杭瀬」内または近隣仮設店舗にて営業を継続するとのこと。
                 byマイナビニュース
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2013-08-19 17:43 | 地域情報

有馬八助商店「ありまサイダーてっぽう水」

 今年も猛暑の季節がやってきた。炎天下を歩いた後などに、炭酸が効いた飲み物ですっきりしたいと思う人は多いはず。自動販売機で手軽に買うのもよいが、たまには昔ながらの日本のサイダーを味わってみてはいかが。かつて国内に数百社あったといわれる各地のサイダー店は、今では大幅に減ったものの、変わらぬおいしさを守り、愛され続けている。

 そこで今週は昔懐かしいご当地「サイダー」を取り上げる。専門家らによる「日経スイーツ選定委員会」が取り寄せて買えるものを中心に厳選した10品を飲み比べ審査した。評価を集めたのは、昨今の飲料に比べやさしくほどよい甘さと、さっぱり爽やかな後味が印象的な“戦前”のサイダーだった。

「ありまサイダーてっぽう水」
e0241325_17332671.jpg〈特徴〉明治時代に日本で初めて作られたサイダーがこの「ありまサイダーてっぽう水」といわれている。有馬は昔から炭酸水が湧き出ており、地元ではその炭酸水に香料や甘味を加えた清涼飲料水を1900年初期から作っていたという。栓を抜くときに、ポンと音がするので、「てっぽう水」という名前がついたそうだ。その後、度重なる企業買収などで有馬でのサイダー製造は途絶えたが、阪神大震災後の2002年、地元復興のために新たな名物を作ろうと有志が復刻版の販売を始めた。メンバーの片山康博さんは「炭酸をきつめにして、昔ならではの商品に仕上げた。ラベルの絵も昔の工場の看板に描かれていた大砲を使ってデザインした」と明かす。

〈感想〉「強い炭酸で、舌の上がピリピリっと心地よい刺激を感じる大人向けのサイダー」(下園昌江さん)、「炭酸が強く刺激的な口当たりだが、後味はまろやか」(下井美奈子さん)

〈価格〉330ミリリットル入り1本250円、6本1500円、12本3000円(取り寄せ可)

〈店舗〉有馬片山幹雄商店(販売元) 神戸市北区有馬町1305-2(電話078-903-0031)午前9時~午後7時(毎週月曜定休)
                      by日経
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2013-07-11 17:34 | 地域情報

日向夏

e0241325_15372353.jpg  毎年5月になると地元宮崎のTVで「今年も日向夏」が出来ましたと放送されている名物果物。小ぶりでも1個150円程度するが甘さと酸味のバランスがなんともいえない、百貨店でお求めいただきその上品な食感を一度は召し上がっては・・・・・・・。

原産地は宮崎県で、1820年に偶発実生として自生しているのが発見された。発見時には酸味が強く、食べられることはなかったが、その後に改良され。

 ヒュウガナツはユズが突然変異したものと考えられており、 6月頃に成熟する果実は温州みかんよりやや大きく、 表皮は黄色で厚さがあり、果肉は酸味があり甘さが控えめで独特の風味が強い。 どちらかというと、グレープフルーツやレモンの味に近い。 表皮はウンシュウミカンと比べるとでこぼこが少なく、のっぺりとしている。

なお他の柑橘類とは違い、果実の表皮における白い部分(内果皮、アルベド)もそのまま食べられるので、 皮の黄色い表面(外果皮)だけを薄く剥いで食べるほうがよい。 この白い部分はふかふかとした食感であり、苦みや渋みはない

現在は宮崎県以外(高知県、愛媛県、熊本県、静岡県伊豆半島、神奈川県西部など)でも栽培されているが、他県では小夏(こなつ)や土佐小夏(とさこなつ)、ニューサマーオレンジという別称で出荷されていることが多い。
                   byウィキペディア
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2013-05-27 15:38 | 地域情報

神戸が発祥地

 「神戸が発祥地」を集めてみました。神戸開港と同時に、たくさんの国の人が神戸にやって来まし

た。そして、たくさんの「物」「文化」も一緒に持ち込まれました。文化・産業・グルメなど、

色々な分野で「日本初」がたくさんあります。新しいモノが大好きな「神戸っ子」(「初もんくい」

と言います)「67」の神戸初、皆さん幾つご存知ですか?

 <b>詳細はここをクリックしてください
以下はほんの一例です
e0241325_9533917.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2013-05-04 09:53 | 地域情報

「アンパンマンストリート」整備へ ミュージアム、4月オープン 神戸市

 「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」が4月19日、神戸ハーバーランド(神戸市中央区)に西日本で初めてオープンするのに伴い、神戸市は12日、国道2号からミュージアムまでの通りを「アンパンマンストリート」として整備するなど、地区のにぎわい創出のための事業を展開すると発表した。

 施設は、昨年5月に営業を終了した遊園地「モザイクガーデン」跡地に建設。2階にアンパンマンと一緒にテーマソングを歌えるミニステージや、ジャムおじさんのパン作りの手伝いを体験できるコーナーなどが設置されるほか、1階はグッズ販売店など20店舗以上が集まるショッピングモールとなる。「神戸アンパンマンミュージアム&モール有限責任事業組合」が運営し、年間200万人の入館を見込んでいる。

 市は、オープンに合わせ、国道2号と施設を結ぶ「神戸ハーバーランド線(ガス燈通り)」を愛称「アンパンマンストリート」と命名。沿道にキャラクターの石像10体を設置するほか、高速神戸駅やJR神戸駅などの最寄り駅や地下街「デュオこうべ」にオープンを記念する垂れ幕をつるしたり、市営地下鉄海岸線の先頭車両に記念のヘッドマークを取り付けるなど広報活動を展開する。

 また、施設内に子育て情報コーナーを開設し、市の施策を来場者にPRする。

 矢田立郎市長はこの日の定例会見で、「アンパンマンは子供たちに大変人気のあるキャラクター。ぜひ多くの人々に足を運んでいただきたい」と期待を寄せた。
byMSN
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2013-04-02 06:12 | 地域情報

王子公園 夜桜通り抜け

e0241325_1163740.jpg

                    by管理人
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2013-04-01 09:42 | 地域情報

神戸ハーバーランド「umie」が4月18日開業 大型3棟に225店舗、シネコンも

 神戸市の商業施設「神戸ハーバーランドumie(ウミエ)」(中央区)の開業日が4月18日に決まった。関西では同26日にはJR大阪駅北側に商業施設「グランフロント大阪 ショップ&レストラン」(大阪市北区)の開業が控えており、百貨店に続き、大型商業施設でも顧客争奪戦が激しくなりそうだ。

 ハーバーランドumieを運営する三菱倉庫とイオンモールの両社は7日、施設の概要を発表した。三菱倉庫が所有する「ハーバーランドダイヤニッセイビル」の「ノースモール」と「サウスモール」、海に面した「モザイク」の3棟を一体的に運営する。3棟合計の店舗面積は8万5千平方メートル。

 225店の飲食物販店とシネマコンプレックス(複合映画館)などで構成。主力顧客層を30歳代の家族連れと想定し、開業後1年間の来場者数は1500万人、売上高は360億円を見込む。

 飲食物販店のうち、神戸初出店と関西初出店が合計53店で、全体の約4分の1を占める。スウェーデンの「H&M」、米の「GAP」、スペインの「ベルシュカ」「ZARA」など世界のカジュアル衣料ブランドを集めた。

 一方、子供服・靴の店舗に加え、ウルトラマンのキャラクターショップなども出店する。隣接地には「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」が4月19日に開業し、子供連れの買い物客の集客相乗効果もねらう。

 3千台収容の駐車場は平日で3時間、土日祝は2時間まで無料。施設内での2千円以上の購入などで、平日は最大7時間、土日祝は6時間まで無料にする。

 高速道路からの利便性が高いため、淡路島や四国方面からの集客も見込んでいおり、観光バス用の駐車場も整備した。

 266店の飲食物販店がある「グランフロント大阪 ショップ&レストラン」は商圏も重なり、強力なライバルになりそうだが、イオンモールの岩本博常務は「家族連れと日常性を意識したテナント構成を心がけた。競合するとは考えていない」と話している。
byMSN
e0241325_11243121.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2013-03-29 11:24 | 地域情報

熟年4人「昭和」なラジオ エフエムあまがさき

e0241325_20425264.jpg 尼崎市のコミュニティーFM局「エフエムあまがさき」(82・0メガ・ヘルツ)が4月1日から、団塊世代向けの新たな音楽・情報番組を放送する。公募で選ばれた50~60歳代の4人のパーソナリティーが、古き良き時代の尼崎や、身近な街の話題を日替わりで届ける。(宮原洋)

 新番組は「昭和通二丁目ラジオ」(月~木曜、午後4時15分~同6時55分)。

 聴取者に多い団塊世代になじみの深い1960~70年代の音楽を中心に流し、商店街の「人情物語」や、地域の環境保全活動、ボランティアに関する情報も紹介。日替わりで地元の幼稚園児が将来の夢を語り、元気な声で「6時です」と知らせる。

 パーソナリティーはおおむね55歳以上をめどに募集し、12人の中から選ばれた。

 DJぼぶ(本名・原田明)さん(61)は、6年前に広告会社を早期退職し、尼崎市でエコ活動に取り組んできた。10年前、外国の友人に「お前は『ボブ』に見えるな」と言われたのがニックネームの由来という。

 上野ヤスヒロ(同・上野恭裕)さん(54)は、園田学園女子大人間教育学部長。テレビ局で恋愛ドラマを作る夢を諦めた経験があり、「やっとこの道に……」と感慨深げ。幼児教育の話題の発信に胸を高鳴らせる。

 シンジィ・ママ(同・真治かおり)さん(56)は、7歳の娘を先天性の難病で亡くした体験から、障害児・者のリハビリのボランティアに取り組む。元テレビリポーターで、大好きな映画や映画音楽を紹介する。

 DJ KENT(同・福永徳宏)さん(55)は一世を風靡(ふうび)したディスコ「マハラジャ」で活躍したプロのディスクジョッキー。「選曲の幅の広さは誰にも負けへん。ディープな尼も紹介するよ」と渋い声で話す。

 同局は4月から番組をインターネットでも聴取できる設備を導入する。

 楠見正之・放送局長は「当時の曲や情景には今の時代にも訴えるものがある。若い世代にも聴いてもらうとともに、ローカルな話題で尼崎の魅力を再発見してほしい」と話している。

(2013年3月14日 読売新聞)
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2013-03-22 05:55 | 地域情報

灘 桜めぐりは如何!

 ここHAT神戸でもソメイヨシノは明日にも開花です。灘区のディープな桜めぐりをご堪能ください。
e0241325_2122257.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2013-03-21 21:02 | 地域情報

JR西、三ノ宮駅ビル建て替えへ

 西日本旅客鉄道(JR西日本)は主要駅の再開発を加速する。乗客数5位の三ノ宮駅(神戸市)について、駅南側の広場を活用し駅ビルを建て替える方針を固めた。3位の天王寺駅(大阪市)でも改装の検討を始めた。1位の大阪と2位の京都は改装済みで、主要駅に投資を集中させて収益を底上げする。

e0241325_1141087.jpg JR西日本は13日発表する2013~17年度の中期経営計画に、三ノ宮駅の再開発構想を盛り込む方針だ。詳細は未定だが、事業費は数百億円規模に達し、完成には10年近くかかる見通しだ。

 背景には三ノ宮駅の存在感の低下がある。1日の平均乗客数は約12万人で同社のなかで5位。1位の大阪駅(約41万人)や2位の京都駅(約19万人)との差は大きい。

 現在の駅ビル「三宮ターミナルビル」には商業施設の三宮OPAやホテルが入っている。開業は1981年と古く、集客力に陰りが見えていた。

 それに対し京都駅は97年、大阪駅は11年に刷新し活況を呈している。特にJR大阪三越伊勢丹や専門店ビルのルクアが入る大阪駅ビル「大阪ステーションシティ」は、開業から1年間の利用客が1億3千万人に達した。

 このため三ノ宮駅の地元自治体や経済界の間では、再開発への期待が高まっていた。兵庫県の井戸敏三知事は11日の記者会見で「大阪・うめきたなどの大規模開発で三宮の位置付けが問われる中、街づくりの核となる駅ビルの再開発は大変歓迎」と述べた。

 神戸市も再開発を後押しする構え。4~5年前から駅ビルの建て替えなどでJR西日本と協議してきた。「都市再生緊急整備地域として都市計画の緩和措置などが必要になる」として、具体化を検討する。

 JR西日本にとっても主要駅の再開発は重要だ。11年度の在来線の輸送人員は17億4900万人と、ピークの96年度より5%少なかった。今後も人口減で伸び悩みが予想されており、駅ビルなどによる収益の底上げが急務となっている。

 新たな中期経営計画では、主力路線である大阪環状線の活性化も打ち出す。車両の更新や高架下の開発などを通じ、乗客の維持・拡大をめざす。

 なかでも天王寺駅については、商業施設「天王寺MIO(ミオ)」を含む改装を検討しているもよう。同駅周辺では来春、高さ300メートルの超高層複合ビルのあべのハルカスが開業する予定で、相乗効果で利用増を狙う。

 一連の再開発計画からは、乗客数が伸びる余地の大きい駅に投資を集中させるJR西日本の戦略が透けて見える。関西全体の人の流れにも影響を与えそうだ。
                    by日経
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2013-03-17 20:09 | 地域情報
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31