カテゴリ:美術館/芸術( 36 )


芸術の秋 特別展 プーシキン美術館展 フランス絵画300年

 神戸市立博物館では、平成25年9月28日(土曜日)から12月8日(日曜日)まで、特別展「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」を開催します。
 17世紀以降、ヨーロッパをけん引したフランスの文化は、遠いロシアでも上流階級の教養の証となり、女帝エカテリーナ2世らロマノフ王朝の歴代皇帝や貴族たちは、多くの質の高いフランス絵画をロシアにもたらしました。19世紀には、すぐれた審美眼を誇る富豪たちの依頼によって、同時代に活躍したピカソ、マティスなどの革新的作品も描かれます。ロシア革命を経て、これらのフランス絵画コレクションは国有化され、その多くがモスクワのプーシキン美術館に受け継がれ、今日に至っています。
 ルノワールの印象派時代最高の肖像画と名高い《ジャンヌ・サマリーの肖像》をはじめとする、珠玉の名画の数々を、ぜひご鑑賞ください。

展覧会の構成
この展覧会は、つぎの4章から構成されています
•第1章 17-18世紀 古典主義、ロココ
•第2章 19世紀前半 新古典主義、ロマン主義、自然主義
•第3章 19世紀後半 印象主義、ポスト印象主義
•第4章 20世紀 フォーヴィスム、キュビスム、エコール・ド・パリ

フランソワ・ブーシェ≪ユピテルとカリスト≫  
e0241325_10344694.jpg1744年 油彩、カンヴァス 縦98、横72センチ

18世紀ロココ芸術を代表するブーシェの本領が発揮された逸品です。女神ディアナの従者カリストを我がものにしようと、ディアナに扮して近づくユピテル。その後ろにはユピテルの象徴である鷲が潜み、誘惑の瞬間を物語ります。ロココ美術の愛好者ユスーポフ公爵が1811年にサンクトペテルブルクのオークションで入手したと考えられています。
©The State Pushkin Museum of Fine Arts, Moscow










ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル ≪聖杯の前の聖母≫  
e0241325_10365692.jpg1841年 油彩、カンヴァス 縦116、横84センチ
 19世紀の新古典主義の巨匠アングルによる、聖母像の傑作のひとつ。アレクサンドル2世が、皇太子時代にアングルに依頼した作品です。円形・三角形を基調とした左右対称の画面が宗教的な神秘性を醸し出す中、柔和で気品に満ちた表情でマリアは聖杯上の聖餅(せいへい)に視線を向けています。その後ろには、時の皇帝ニコライ1世とアレクサンドル皇太子をたたえるべく、2人と同名の聖人が描かれています。この作品はロシアに送られる前にパリで展示され、絶賛されました。これを惜しんだアングルは、後に同様の構図の作品を4点描いています。
©The State Pushkin Museum of Fine Arts, Moscow








クロード・モネ≪陽だまりのライラック≫
e0241325_10385520.jpg1872-73年 油彩、カンヴァス 縦50、横65センチ
 明るい陽射しのもと、咲き誇るピンク色のライラックと、その下で憩う2人の女性(モネの妻カミーユと、息子の乳母と推測)が描かれています。パリ郊外の町アルジャントゥイユの、モネが暮らした家での情景と思われます。女性たちに降り注ぐ木漏れ日の描写などに、光の効果を追求した革新的な表現が見て取れます。この絵を1899年に購入したセルゲイ・シチューキン(1854~1936)は、繊維産業で財を成した実業家で、フランス絵画の前衛的な表現の可能性に早くから目をつけたコレクターとしても知られています。この作品は、シチューキンによるコレクションの核となった印象派やポスト印象派の傑作群のうち、最初期に購入されたものです。
©The State Pushkin Museum of Fine Arts, Moscow

 詳細はここをクリックしてください
                by神戸市博物館

by mimiyori-hansinn | 2013-09-25 19:47 | 美術館/芸術

「奇跡のクラーク・コレクション-ルノワールとフランス絵画の傑作-」

2013年夏、アメリカ屈指の印象派コレクションで知られるクラーク美術館(Sterling and Francine Clark Art Institute)の名品を、兵庫県立美術館で展示いたします。
本展は、クラーク夫妻のたしかな審美眼で集められた所蔵品の中から、19世紀フランス絵画73点を選りすぐり、ご紹介するものです。最大のみどころは、夫妻がこよなく愛したルノワール。さらに、モネ、ドガ、ピサロらの作品が加わり、自然や人々を色鮮やかにとらえた印象派の世界をご覧いただけるでしょう。また、5点のコロー作品を中心としたバルビゾン派の作品、ジェロームを筆頭としたアカデミスムの作品や、トゥールーズ=ロートレックら世紀末絵画など、59点もの作品が日本初公開となります。
今回、建築家の安藤忠雄氏によるクラーク美術館の改修を機に、大規模な世界巡回展が実現しました。同コレクションがまとまったかたちで日本で展示されるのは初めてのことです。すばらしい作品が集まった奇跡、コレクションが神戸を訪れる奇跡を、ぜひご体験ください!

ホームページの詳細はここをクリックしてください
e0241325_95442100.jpg


by mimiyori-hansinn | 2013-07-02 09:54 | 美術館/芸術

リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝

 オーストリアとスイスの間にあるリヒテンシュタイン侯国。同国の国家元首であるリヒテンシュタイン侯爵家は、優れた美術品収集こそが一族の栄誉との家訓のもと、500年以上にわたってヨーロッパ美術の名品を収集してきました。その数は3万点に及び、英国王室に次ぐ世界最大級の個人コレクションといわれています。本展では同コレクションから名品を選りすぐり、日本で初めて公開します。世界屈指のルーベンス・コレクションからは、愛娘を描いた《クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像》などが来日。ラファエッロ、クラナッハ、レンブラント、ヴァン・ダイクをはじめとする巨匠たちの名画や、華麗な工芸品が一堂に並びます。

京都市美術館

平成25年3月19日(火)~平成25年6月9日(日)

大人1500円(1300) 高大生1000円(800) 小中生500円(400)
障害者手帳等の提示の方は無料
               by京都市
e0241325_9423122.jpg


by mimiyori-hansinn | 2013-03-07 16:52 | 美術館/芸術

横尾忠則現代美術館オープン 記念の作品展始まる 原田の森ギャラリー

e0241325_19471683.jpg 西脇市出身の美術家、横尾忠則さんの作品コレクションを収蔵する横尾忠則現代美術館(神戸市灘区)がオープン、開館を記念した作品展「反反復復反復」の一般公開が3日、始まった。トークショーに駆けつけた横尾さんは「若い頃に働いていた神戸に、サケのように戻ってきた。これからも新しい作品を生み出していきたい」とアピールしていた。

 同館は県立美術館の王子分館「原田の森ギャラリー」を改修。横尾さんが寄贈・寄託した約3千点以上の作品を収蔵している。

 作品展には、横尾さんの代表作「ピンクガールズ」や「Y字路」など同じモチーフを変化させながら繰り返し描いた約100点が展示されている。

 横尾さんは「まだ完結していない作品にはいろいろな可能性が残されている。実験的に描き続けることが大事」と話していた。

 大阪府吹田市のデザイナー、片桐千穂さん(32)は「小さい頃から憧れていた横尾さんの作品にたくさん触れることができて幸せ」と顔をほころばせていた。

 作品展は来年2月17日まで。問い合わせは同美術館((電)078・855・5602)。
                 by産経ニュース

by mimiyori-hansinn | 2012-11-05 20:09 | 美術館/芸術

北斎 ―風景・美人・奇想―  大阪市美術館

 世界的にもその名を知られ、ゴッホら印象派の画家たちにも影響を与えたとされる浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849)。北斎は、90年におよぶその生涯で、風景画・美人画・花鳥画などさまざまなジャンルに挑み続けました。本展では、富士を描いた作品はもちろん、重要文化財に指定される「潮干狩図」「二美人図」など、肉筆画・版画・版本およそ300点を展示予定です。また、一般にはほとんど知られていない、北斎と大阪との関係についてもご紹介します。

期 間:平成24年10月30日(火)~12月9日(日)休館日 月曜日
     午前9時30分~午後5時

料 金: 一般 1300円

 公式ホームページはここからご覧ください。
               by大阪市美術館
e0241325_5252334.jpg


by mimiyori-hansinn | 2012-10-30 05:26 | 美術館/芸術

第64回正倉院展 本日から

本年の正倉院展は、数ある正倉院宝物の中から北倉23件、中倉23件、南倉14件、聖語蔵(しょうごぞう)4件の総計64件が出陳されます。例年通り正倉院宝物の全体像が展望される構成となっており、初出陳も9件ございます。
 <b>詳細はここをクリックしてください
e0241325_643925.jpg

e0241325_6402074.jpg


by mimiyori-hansinn | 2012-10-27 05:11 | 美術館/芸術

特別展 マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝

神戸市立博物館では、平成24年9月29日(土)から平成25年1月6日(日)まで、開館30年記念特別展「マウリッツハイス美術館展―オランダ・フランドル絵画の至宝―」を開催します。
 オランダ・ハーグにある王立のマウリッツハイス美術館は、オランダ領ブラジルの総督をつとめたナッサウ伯ヨーハン・マウリッツ(1604~79)の邸宅を使い、1822年に開館しました。オランダ黄金時代の絵画の殿堂として世界的に知られ、17世紀オランダ・フランドル絵画の珠玉の名品約800点を所蔵しています。
 同館が改修工事にはいるため、フェルメールの傑作として知られ、美術館の顔として最も人気の高い「真珠の耳飾りの少女」やレンブラントによる感動的な再晩年の「自画像」、オランダ風景画の巨匠ヤーコプ・ファン・ライスダールの「漂白場のあるハールレムの風景」、風刺が利いたヤン・ステーンの風俗画「牡蠣を食べる娘」など約50点の出品が実現しました。
 フェルメールの貴重な初期作品「ディアナとニンフたち」や、フランドル絵画の巨匠ルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)の作品も見逃すことができません。厳選された至宝の数々を通して、魅力あふれるオランダ・フランドル絵画の世界に触れていただく絶好の機会です。
                by神戸市美術館
e0241325_6182920.jpg

e0241325_6152651.jpg
 

by mimiyori-hansinn | 2012-10-20 06:19 | 美術館/芸術

生誕110年「小磯良平の世界」特別展

神戸市出身の小磯良平(1903-1988)は、日本の近代洋画界を代表する画家の一人です。
本年は、小磯の業績を顕彰して建設した神戸市立小磯記念美術館の開館20周年にあたり、翌年の2013(平成25)年は、小磯良平の生誕110年を迎える年にあたります。これを記念して、代表的な油彩画作品を始め、素描や版画、挿絵等の作品を一堂に会する展覧会「小磯良平の世界」を開催いたします。
東京美術学校在学中に、帝展に出品した《T嬢の像》が特選の栄誉に輝いた時から広く注目を集めた小磯良平。優美なコスチュームをまとった室内の女性像をモチーフとした作品は、穏やかで洗練された美しさを追求し続けた「小磯良平の世界」そのものです。小磯は、美術学校を卒業した翌年の1928(昭和3)年から1930(昭和5)年にかけてヨーロッパに遊学し、各地の主要美術館で西洋絵画を実見して多くを学んで帰国、その後およそ60年間の制作活動の中、西洋絵画の伝統を常に意識しながらさまざまな表現の可能性を追及しました。正確なデッサンから生み出された作品は、人物画だけではなく静物画や風景画、挿絵、版画など、多岐にわたる表現においても人々を魅了してきました。
生誕110年を迎えようとする今、あらためて小磯良平の画業を振り返ることで、世代の異なる現代の人々に小磯作品の魅力を伝え、小磯芸術を育んだ、神戸という都市についても関心を持っていただければと考えます。
e0241325_6302374.jpg
e0241325_6321412.jpg

                    by小磯記念美術館

by mimiyori-hansinn | 2012-10-19 17:30 | 美術館/芸術

隅野 由子 作品展 ≪入場無料≫~ 今日もきっといいことがある ~

e0241325_623280.jpg■会期:10月17日(水)~29日(月)
     午前10時~午後7時30分 ※最終日は午後3時閉場
■会場:そごう西神店 4階=ギフトサロン前 特設会場

ダウン症という病名をもつ私ですが、普通の女の子として母から生まれました。たくさんの人と出会い、たくさんのことを学び、たくさんの喜びをもらうことができました。
その日々の生活の中で、心に浮かんだ言葉を書にしています。書道家として講演会・作品展など国内外で活動しています。

書道家 隅野 由子(すみの ゆうこ) プロフィール
e0241325_6234336.jpg1985年 4月 4月22日 兵庫県加古川市に誕生
2001年 4月 芦屋クラーク インターナショナル ハイスクール入学
2003年 6月 留学先のオーストラリアで書道、水墨画、絵画に出会う
2004年 7月 書道家 小島舟豊先生に師事
         国際墨画会会長 香取琴水先生に師事
2009年12月 あいり出版より「今日もきっといいことがある」を出版
2011年 6月  第11回 国際墨画会 東京展にて「エッフェル塔」文化賞を受賞
2011年10月 国際墨画会 パリ展にて「金魚」入選

                byそごう西神店              エッフェル塔

by mimiyori-hansinn | 2012-10-16 06:25 | 美術館/芸術

エルミタージュ美術館展 世紀の顔 西欧絵画の400年

e0241325_1921152.jpg10月10日(水)~12月6日(木)
場 所 京都市美術館 午前9時から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
*10月26日(金)~10月28日(日)は午後8時まで開館(入場は午後7時30分まで)

大人1500円(1400) 高大生1000円(900) 小中生500円(400)
障害者手帳等の提示の方は無料

 女帝エカテリーナ2世が収集を開始したエルミタージュ美術館の膨大な所蔵品から、16世紀から20世紀の各世紀の「顔」というべき絵画を紹介する。ティツィアーノ、ルーベンス、レンブラントからモネ、セザンヌ、ピカソ、マティスにいたる89点を展示。マティスの傑作のひとつ、《赤い部屋(赤のハーモニー)》は京都で30年ぶりに公開される。

 詳細はここをクリックしてください
                 by京都市美術館

by mimiyori-hansinn | 2012-09-29 16:09 | 美術館/芸術
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31