<   2012年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧


御影だんじり 本山だんじり

e0241325_614485.jpg ゴールデンウィークに東灘区民を最高にヒートアップさせるだんじりが今年も開催されます。御影地区では、12台のだんじりがあり毎年5月3日に阪神御影駅~阪急御影駅でパレードを行っています。当日H会員も上石屋だんじりに会長として陣頭指揮、だんじりに乗っています。お近くの方は応援よろしく・・・。
                   by管理人

 東灘の各町でもっているだんじりを太鼓や鐘を鳴らしながら若者がだんじりの屋根ではたきみたいなものを振り回し、声をあげながら町中を練り歩いて行く。だんじり同士が出会った時などに見せるだんじりを起きあげたり、そのまま回転するなどの技は迫力満点。だんじりごとに鐘や太鼓の音や雰囲気なども違い、女だんじり、女御輿、子供だんじりがある町など様々な特色が楽しめます。

東灘区では32台のだんじりがあり、本山地区では10台のだんじりと三つの神社があります。
本山だんじりは、毎年5月4日に摂津本山駅北側の道路を閉鎖して、パレード&パフォーマンスを魅せてくれます。

 開催時期
  5月3日 御影だんじり
  5月4日、5月5日 本山だんじり
                     by旅行お得情報

 東灘だんじりパレードスケジュール詳細
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-04-30 06:10 | お出かけ情報

INACが逃げ切り3連勝

 夏思わせる暑い日曜日4440人の熱心なファンが応援する中ホームスタジアムでのAS狭山戦を3―2で逃げ切って3連勝とした。ホームゲーム3選にしてめまいから欠場していた沢選手が初先発、ヘディングも難なくこなし鋭いシュートも放っておりロンドンに向けて順調な仕上げと見えた。ホームではこれまでの2試合それぞれに7-0で快勝していたがこの試合は一方的に押していたのは前半だけで沢が交代した後半はなかなかチャンスをものにできず2点を返され押し込まれる場面もあった。
                  by管理人

 INAC神戸はMF沢がボランチで今季初の先発出場。前半4分にDF高良が先制点を決め、同37分に新人FW京川が3試合連続得点となる2点目を奪う。AS狭山はFW村岡を中心にINAC神戸ゴールに迫ったが、前半は無得点で折り返した。

 INAC神戸は後半8分、DF高良がこの日2点目のゴールとなる得点で3-0とリード。AS狭山は同24分、FKからMF鈴木が1点を返すと、同29分にはCKからMF薊(あざみ)が2点目。1点差に迫ったが、INAC神戸が逃げ切って開幕3連勝を飾った。AS狭山は3連敗。

                  by日刊スポーツ
e0241325_17495883.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-04-30 05:52

やきものの里 春ものがたり

e0241325_9483928.jpg
 丹波篠山の立杭陶の郷、兵庫陶芸美術館、窯元群、こんだ薬師温泉などで、やきものを五感で楽しめる「やきものの里 春ものがたり」が開催されます。作品展をはじめ、展覧会やコンサートなどが行われます。また、5月3日から5日には約60軒の窯元で「オープン工房」が催され、さまざまな作業工程を見学できるほか、陶芸を体験できる窯元もあります。

開催日時 2012年4月28日~5月6日
      オープン工房/5月3日~5日10:00~16:00 
      登り窯焼成見学/5月3日~5日 ※会場はいずれも丹波焼産地窯元

開催場所 兵庫県篠山市 丹波伝統工芸公園立杭陶の郷、
     兵庫陶芸美術館、こんだ薬師温泉ぬくもりの郷、窯元群ほか

料  金 各施設(丹波伝統工芸公園立杭陶の郷、兵庫陶芸美術館、
     こんだ薬師温泉ぬくもりの郷)割引共通券あり

お問い合わせ先
     丹波伝統工芸公園立杭陶の郷 079-597-2034、
     兵庫陶芸美術館 079-597-3961、
     こんだ薬師温泉ぬくもりの郷 079-590-3377

 関連のホームページを見る
                 byJRお出かけ
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-04-29 09:48 | お出かけ情報

応援しよう INAC神戸

 今年はオリンピックの年、沢山の女子サッカー代表を送りだすことになるINAC神戸のホームの試合をみんなで応援しよう!

 入場招待券1枚ありますのでご希望者は管理人までご連絡ください。
 5/13(日)INAC神戸×伊賀フットボールクラブ「くノ一」戦 ホームスタジアム神戸

                     by管理人
e0241325_951711.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-04-28 06:04 | イベント情報

奈良国立博物館 解脱上人貞慶 -鎌倉仏教の本流-

e0241325_918569.jpg 平成24年(2012)は解脱上人(げだつしょうにん)貞慶(じょうけい 1155-1213)の800年遠忌(おんき)の年にあたります。解脱上人貞慶は鎌倉時代前期に活躍した僧で、興福寺に入って学僧として将来を嘱望されましたが、やがて笠置寺(かさぎでら)へ移り、のち海住山寺(かいじゅうせんじ)に住まいました。釈迦如来(しゃかにょらい)・弥勒菩薩(みろくぼさつ)・観音菩薩(かんのんぼさつ)・春日明神(かすがみょうじん)をとりわけ深く信仰し、戒律(かいりつ)の復興につとめるとともに、由緒ある寺々の復興や法相教学(ほっそうきょうがく)の確立に大きな貢献を果たしました。朝廷や幕府からの信頼もあつく、さらに勧進僧(かんじんそう)とも力を合わせて、仏教の再生に尽力したことは特筆されます。鎌倉時代の仏教については、浄土(じょうど)・禅(ぜん)・法華(ほっけ)などの新仏教を中心に語られる傾向がありますが、ご遠忌を機に、解脱上人貞慶の存在の重要性とその魅力を多くの方々に知っていただくため、特別展を開催いたします。


会 期  平成24年4月7日(土)~5月27日(日)

会 場  奈良国立博物館 東新館・西新館(第1室)

休館日  月曜日 4月30日(月・休)は開館

開館時間 午前9時30分~午後5時
     4月27日(金)以降の金曜日・土曜日は午後7時まで開館
                   by奈良国立博物館
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-04-27 13:19 | 美術館/芸術

今年も インフィオラータこうべ

e0241325_9405216.jpg 市内各所で、神戸に春を告げる「インフィオラータこうべ」が開催されます。“インフィオラータ”とは花を敷き詰めるという意味で、神戸を代表する三宮東(三宮あじさい通り)、北野坂、元町あなもん(元町穴門商店街)、西元町(元町6丁目商店街)をはじめ、市内6会場に花の絨毯が広げられます。

開催日時 2012年4月28日~5月6日

会  場 三宮東/4月28日~29日、元町あなもん/4月28日~29日、
     西元町/4月28日~29日、北神戸田園スポーツ公園/4月28日~29日午前、
     北野坂/5月3日~4日、三井アウトレットパークマリンピア神戸/5月4日~6日

料  金 見物無料

                 byJRお出かけ
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-04-26 09:12 | お出かけ情報

没後80年金子みすゞ展~みんなちがって、みんないい。

e0241325_21114680.jpg 姫路文学館では、4月20日より、特別展「没後80年金子みすゞ展~みんなちがって、みんないい。」を開催します。あの東北震災時に日本人すべての人の心に響いた「こだまでしょうか」の詩により、人々に温かな共感をもたらした金子みすゞ。その生涯と作品を紹介し、ひとりひとりがみすゞの言葉を受け止めていただける展覧会です。



お花が散って
實が熟れて、

その實が落ちて、
葉が落ちて、

それから芽が出て
花が咲く。

そうして何べん
まわったら、
この木は御用が
すむか知ら。


  
会 期  24年4月20日(金)~5月27日(日)

時 間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
     ※休館日/月曜日(ただし4月30日は開館)

会 場 姫路文学館 特別展示室(北館2階)、南館ギャラリー

料 金 一般500円、大学・高校生300円、中・小学生200円 
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-04-25 08:11

神戸市立博物館開 南蛮美術の光と影 泰西王侯騎馬図屏風の謎

 開館30年を迎える神戸市立博物館で、南蛮美術を紹介する展覧会が開催されます。16世紀半ばから17世紀前半にかけて、日本とポルトガルやスペインとの交流によって生まれた南蛮美術は、絵画において二通りの作品群を生み出しました。一つはイエズス会の指導のもと洋風表現を学んだ日本人が描いた「初期洋風画」、もう一つは狩野派の画家たちが伝統的技法で描いた「南蛮屏風」と呼ばれる作品群です。同展覧会では、初期洋風画の代表作「泰西王侯騎馬図屏風」を中心に南蛮美術の名品が展示されます。

開催日時  2012年4月21日~6月3日10:00~17:00、金土曜/~19:00
     (入館はいずれも閉館30分前まで) ※休館日は毎週月曜

開催場所  神戸市立博物館

料 金   一般1300円、大高生900円、中小生500円

お問い合わせ先 神戸市立博物館 078-391-0035
e0241325_9291842.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-04-24 15:27 | 美術館/芸術

楡周平 経済小説新刊"虚空の冠"上下巻

e0241325_2105650.jpg 楡周平氏の新刊[虚空の冠]上下巻読破した。
小説は現在と過去を行き来し描いている作品だが、予想以上に解り易くて非常に面白かった。
作中の登場人物の渋沢のモデルは読売の渡辺主筆と正力松太郎氏を彷彿させる。 他の人物も白洲次郎、吉田茂、孫正義など容易に想像が付く。テレビ業界の衰退、電子書籍化の波に悩む出版業界など考えさせられる現実の問題を題材にしており、また、著者なりの解決策のいくつかが正しいかは判らないが提示されている点も良かった。

 物語自体も大河的で背景や人物像などもきっちり描写されており、最後まで止まらずに読ませてくれた。電子書籍化の波、最近のナベツネ騒動(あんまり関係ないか・・)などもあり、今読むべき旬書物だと僕は思ったのでお薦めする。 今読むべし!
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-04-23 17:54 | サイエンス/読書

「虎の夢見し」 津本 陽

e0241325_1115868.jpg 熊本で暮らしていた時清正は今なお熊本県民に慕われ全県民の誇りでアイドルで「せいしょこさん」と親しみを込め呼ばれている事に当時はびっくりしたのでした。津本 陽「虎の夢見し」はそんな清正の生涯を年表をたどって淡々と記述しています。肩の凝らない読み物ですので春の夜長の友にされるの良いかも・・・・・。

 清正の善政の功績は、今なお熊本県民に慕われています。
永禄5年(1562年)6月24日尾張国(おわりのくに)生まれで、豊臣秀吉とは双方の母親が従姉妹同士だったという説もあります。幼名を夜叉丸(やしゃまる)といい、9歳の頃から秀吉に仕え、元服してから加藤虎之助清正(かとうとらのすけきよまさ)を名乗りました。

 賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いでは「七本槍」の1人に数えられ、その後も数々の武功を立てました。天正16年(1588年)清正はそれまでの侍大将から、清正27歳のとき一気に肥後北半国19万5000石の領主を任命されます。前年に佐々成政(さっさなりまさ)が肥後統治に失敗した後を受けたものでした。入国当時の肥後は国衆(こくしゅう)と呼ばれる土豪がひしめく難治の国で、しかも長引く戦乱で国内は荒れ果てていました。入国後清正は治山治水、新田開発などに力を入れ、また南蛮貿易に乗り出すなど、積極的に領地経営を進め、国はどんどん豊かになり、結果領民からは神様のように慕われるようになりました。今でも熊本では善政の事跡は全て「せいしょこさんのさしたこつ(清正公のなさったこと)」となるのです。

 文禄・慶長の役では主力として7年間戦い続け、秀吉の死後起きた関ヶ原の合戦では、石田三成(いしだみつなり)、小西行長(こにしゆきなが)らとの確執から東軍につき、小西滅亡後は肥後南半国も領して、実質ともに54万石の大大名となります。関ヶ原で東軍についたとはいえ、豊臣家に対する清正の想いは並大抵のものではなく、慶長16年(1611年)二条城(にじょうじょう)で秀吉の遺児秀頼(ひでより)と徳川家康(とくがわいえやす)を会見させることに成功しました。

 これで豊臣家も安泰と思われたのですが、清正は二条城の会見から熊本に帰る船中で発病し、熊本城で亡くなりました。享年50歳。奇しくも生まれた日と同じ6月24日でした。豊臣家も清正の没後わずか4年で大坂夏の陣に破れてしまいます。

 加藤家の菩提寺本妙寺(ほんみょうじ)では、毎年清正の命日(新暦7月23日~24日)に頓写会(とんしゃえ)と呼ばれる法要が行なわれ多くの参拝客で賑わいます
                  by管理人
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-04-22 15:18 | サイエンス/読書
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー