<   2012年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧


南鳥島近くにレアアース鉱床、日本年消費の220年分

e0241325_16341193.jpg LED照明や液晶テレビなどの部品に使われるレアアースを豊富に含む泥の鉱床が、小笠原諸島・南鳥島近くの海底にあることを、加藤泰浩・東京大学教授らの研究グループが発見した。

 日本の排他的経済水域(EEZ)で大規模なレアアース鉱床の存在が明らかになるのは初めて。資源量は、少なくとも日本の年間消費量(約3万トン)の220倍以上と見積もられるという。

e0241325_16351155.jpg 加藤教授らは、南鳥島近海の水深5600メートルで採取された海底堆積物の試料を分析した。南鳥島から南西に300キロ・メートル離れたEEZ内の試料から、レアアースを豊富に含む10メートル近い厚さの泥が見つかった。また、この地点から北に約500キロ・メートルの場所や、南東に約500キロ・メートル離れたEEZ外の場所でも、高濃度の泥を確認した。

(2012年6月29日03時01分 読売新聞)
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-06-30 20:56 | サイエンス/読書

森の中のあじさい散策 神戸森林植物園

e0241325_21484773.jpg あじさいの見頃にあわせて神戸市立森林植物園で、クイズや水無月市などのイベントが催されます。土日曜には園のスタッフが案内する散策会があり、18時まで開園されます。期間中は六甲の名花・シチダンカをはじめ、広大な森の中に植栽された25種約5万株が楽しめます。

開催日時 2012年6月16日~7月15日 8:00~17:00、土日/~18:00

開催場所 神戸市立森林植物園

料 金  入園料が必要/大人(高校生以上)300円
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-06-29 06:14 | お出かけ情報

Googleが自社タブレットを発表

e0241325_21151933.jpg
 米Google社が6月27日より開催している開発者向けのカンファレンス「Google I/O」の初日に、自社初のタブレット製品「Nexus 7」を発表した。先日同社が買収したモトローラ社のハードウェアを採用せずに、台湾のAsus社製を起用している。プロセッサには「Tegra 3」を採用。7インチのスクリーンサイズで価格は米199.99ドル。

Amazon社のKindle Fireやサムスン社のGalaxyタブレットに真っ向から対抗する位置づけで、ローエンドユーザー層を狙う。NexusタブレットはJelly Bean(ジェリービーン)と呼ばれる次世代のAndroid 4.1バージョンが実装される。このOSに、より滑らかなアニメーション再生や音声認識技術で音声からテキスト化するような機能も実現するという。重さは340gで、バッテリ駆動時間は動画再生時で最大9時間、待機時で300時間。Nexus 7のディスプレイ解像度は1,200×800ピクセルという、高解像度で画像を表示できる。Wi-Fi、Bluetooth、NFC(近接無線通信)などの接続機能を備える。Nexus 7の出荷時期は7月中旬から。開始当初は、米国、英国、カナダ、オーストラリアで販売される予定。

また、グーグルメガネこと「Google Glass」が、今回のカンファレンスに参加しており、国内開発者限定で販売されることも発表された。「Google Glass Explore Edition」は米1,500ドルで来年初めに出荷予定。「米国内だけの限定にしたのは、各国で無線周波数範囲のレギュレーションが異なるから」、と基調講演で登壇したGoogle社の共同設立者Sergey Brin氏は説明している。

会場のスクリーンにはGoogle+のhangoutライブを通して、Google Glassを装着した4人がパラシュートで空中からカンファレンスの会場であるモスコーニコンベンションセンターの屋上に着陸するまでを、装着された各Google Glassのカメラを通して実況中継された。モバイルデータネットワークのデモも試みたかったそうだが、時速120マイルで落下している環境では、(3Gでは)うまく動作しないことが判っていたため、見せなかったようだ。
米Google社が6月27日より開催している開発者向けのカンファレンス「Google I/O」の初日に、自社初のタブレット製品「Nexus 7」を発表した。先日同社が買収したモトローラ社のハードウェアを採用せずに、台湾のAsus社製を起用している。プロセッサには「Tegra 3」を採用。7インチのスクリーンサイズで価格は米199.99ドル。

Amazon社のKindle Fireやサムスン社のGalaxyタブレットに真っ向から対抗する位置づけで、ローエンドユーザー層を狙う。NexusタブレットはJelly Bean(ジェリービーン)と呼ばれる次世代のAndroid 4.1バージョンが実装される。このOSに、より滑らかなアニメーション再生や音声認識技術で音声からテキスト化するような機能も実現するという。重さは340gで、バッテリ駆動時間は動画再生時で最大9時間、待機時で300時間。Nexus 7のディスプレイ解像度は1,200×800ピクセルという、高解像度で画像を表示できる。Wi-Fi、Bluetooth、NFC(近接無線通信)などの接続機能を備える。Nexus 7の出荷時期は7月中旬から。開始当初は、米国、英国、カナダ、オーストラリアで販売される予定。

また、グーグルメガネこと「Google Glass」が、今回のカンファレンスに参加しており、国内開発者限定で販売されることも発表された。「Google Glass Explore Edition」は米1,500ドルで来年初めに出荷予定。「米国内だけの限定にしたのは、各国で無線周波数範囲のレギュレーションが異なるから」、と基調講演で登壇したGoogle社の共同設立者Sergey Brin氏は説明している。

会場のスクリーンにはGoogle+のhangoutライブを通して、Google Glassを装着した4人がパラシュートで空中からカンファレンスの会場であるモスコーニコンベンションセンターの屋上に着陸するまでを、装着された各Google Glassのカメラを通して実況中継された。モバイルデータネットワークのデモも試みたかったそうだが、時速120マイルで落下している環境では、(3Gでは)うまく動作しないことが判っていたため、見せなかったようだ。
             byプロニュース
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-06-28 21:15 | パソコン・IT

グーグルマップ便利な使い方

タダなのにここまで使えていいの? そう心配してしまうほど、「Google Map(グーグルマップ)」の地図機能は充実しています。「こんな使い方もあったんだ」と思わず膝を打ちたくなる応用ワザを活用シーン別に披露。「トイレやATMを見つける」「初めての取引先に迷わず着く」「デートや旅行の目的地をしっかり下調べ」など仕事や生活に役立つワザが盛りだくさんです。

グーグルマップは年々機能が増えたり、改善されたりしている。ある程度使ったことのある人でも、見逃していた便利機能がきっと見つかるだろう。

 グーグルマップのPC向けブラウザー上での画面構成は図1の通り。単に目的の場所の地図を表示するだけでなく、道路から見た風景写真を表示(「ストリートビュー」)したり、自分だけの地図を作成(「マイマップ」)したりするなど、さまざまな便利機能を持っている。しっかり使いこなそう。
e0241325_982560.jpg

 図1 地図を自在に表示できる「グーグルマップ」  検索でおなじみのグーグルが提供する地図サービスがグーグルマップだ。単に目的の場所の地図を表示するだけでなく、道路から見た風景写真を表示したり、自分だけの地図を作成できたりするなどさまざまな便利機能を持っている。まずは、PC向けブラウザーで利用するときのグーグルマップの画面構成を知っておこう。それぞれについて、本連載の第1~2回で詳細を見ていく。

以下目次  詳細はここをクリックしてください 
■住所やスポット名を入力し、該当する場所の地図を表示

■地図の移動や拡大・縮小もマウス一つで簡単に

■航空写真や立体表示で楽しむ、周辺の様子も写真でチェック

■地図上の各種情報を重ね合わせて表示
                      byPCオンライン  
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-06-27 07:43 | パソコン・IT

マイクロソフト、タブレット型端末「サーフェス」を発表

マイクロソフトは18日、独自のタブレット型端末「サーフェス」を発表した。同社の次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」を搭載し、今秋以降に発売する予定だ。

ソフトウエア大手のマイクロソフトがパソコンを独自に開発し、一般向けに販売するのは初めて。米アップルのタブレット型端末「iPad(アイパッド)」などに匹敵する仕様として、厚さ9.3ミリ、重さ約680グラムの本体に10.6インチの高解像度タッチパネルやカメラを搭載したモデルなどをそろえた。

さらに、キーボードに早変わりする画面カバーやマグネシウム製のハードケース、専用ペンや内蔵スタンドなどの特徴を備えている。

サーフェスの商品名は、同社が2008年に発売した業務用の大型タッチパネル型のコンピューターから取った。
e0241325_13355812.jpg

今秋をめどにまずウィンドウズRT(ARM版のウィンドウズ8)を搭載した32ギガバイト(GB)と64GBのモデル、3カ月後にウィンドウズ8搭載の64GB、128GBモデルを発売する予定。それぞれ、他社のタブレット型端末や米インテル社が提唱する薄型軽量ノートパソコン「ウルトラブック」と同様の価格帯を想定している。

マイクロソフトはパソコンメーカーにウィンドウズOSを提供するというビジネスモデルで大きな収益を上げてきた。しかしこの2年間、アップルのiPadなどの多機能携帯端末に押されて、パソコンの売り上げは頭打ちとなっている。

アップルの戦略を追うのはマイクロソフトだけではない。携帯端末向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」を提供している米インターネット検索大手グーグルは先月、通信機器大手の米モトローラ・モビリティの買収手続きを完了し、スマートフォン(多機能携帯電話)分野でハード開発に乗り出している。
byCNN 
.
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-06-26 07:35 | パソコン・IT

今頃雪? 札幌は一面の雪景色?…

e0241325_2129596.jpg 長いこと生きていて札幌市内でポプラの綿毛が雪のように舞っている事を初めて知りました。

 北大植物園によると、ヤナギ科の植物が開花後に綿毛のついた種を飛ばす「柳絮りゅうじょ」と呼ばれる現象。北海道では毎年6月下旬頃に見られ、初夏の風物詩になっている。

 同市中央区の道立近代美術館の庭では、綿毛が3センチほど積もり、まるで一面の雪景色。観光客らは「すごく不思議ですね」などと話しながら白い庭を撮影し、子供たちは綿毛を丸めて投げ合っていた。

(2012年6月24日19時07分 読売新聞)
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-06-25 07:48 | 話題・ニュース

世界スパコン番付、米国が首位奪還 「京」は2位

残念ながら神戸市の光物スパコン「京」の計算速度は2位に後退した。

ニューヨーク(CNNMoney) 18日に発表された世界のスーパーコンピューター500台の性能ランキングで、米ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)にある米IBMの「セコイア」が1位となり、米国が首位を奪還した。

米国は2010年のランキングで中国に首位の座を奪われて以来、日本と中国の後を追う状況が続いていた。

セコイアの演算能力は16・32ペタフロップスで、1秒間に1京6320兆回の演算を処理できる性能を持つ。2位の京の演算能力は10.51ペタフロップスだった。

セコイアはIBMが米国家核安全保障局(NNSA)のために開発し、核兵器の研究に使われている。IBMによると、マシンの設計は3年以上前に着手し、1カ月半ほど前からNNSAが利用を開始した。

トップ10にランクインしたスーパーコンピューターを国別にみると、米国製が3台、中国とドイツが各2台、日本、イタリア、フランスが各1台となっている。

メーカー別ではIBMのコンピューターが上位10台のうちの半数を占め、500台のランキングにも213台が入った。2位の米ヒューレット・パッカード(HP)は約27%を占めている。

スーパーコンピューターの性能ランキングはドイツのマンハイム大学とローレンス・バークリー米国立研究所、テネシー大学が毎年6月と11月に発表している。演算能力は目覚ましい向上を続け、今回ランク入りしたすべてのコンピューターの合計は毎秒123.4ペタフロップス。昨年11月の74.2ペタフロップスに比べて66%向上した。
                      byCNN
e0241325_18213033.jpg
 
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-06-24 20:57 | サイエンス/読書

米政府、宇宙人の存在に関する公式見解を明らかに

 ワシントン(CNN) 米ホワイトハウスは国民の請願に応え、地球外生命体の存在に関する米政府の公式見解を明らかにした。宇宙人が地球に接触してきたことはないと断言している。

科学技術政策を担当するフィル・ラーソン氏はホワイトハウスのブログに「地球外に生命が存在する証拠、あるいは地球外生命体が人類に接触してきたという証拠を米政府はつかんでいない」と書き込んだ。ただ、証拠はなくても「地球外生命体のテーマについて論議や探索が行われていないわけではない」とした。

ホワイトハウスは国民から寄せられた請願のうち、30日内に5000以上の署名が集まったものについては返答を約束している。このうち「地球外生命体が人類に接触してきていることを正式に認めてほしい」という請願には1万2000を超す署名が集まった。

請願では、米軍や政府の関係者が地球外生命体の存在を認めた証言は多数あると指摘。米国人の半数強が地球外生命体の存在を信じ、政府は真実を語っていないと考える人は80%に上るという世論調査結果を引き合いに、「国民には知る権利がある」と訴えた。

これに対してラーソン氏は「証拠隠ぺいをうかがわせるような信頼できる情報はない」と反論する一方、米政府は「地球外にも生命が存在できる、あるいは存在するかどうか調べることを目標として」、火星探査計画や地球外生命体探査のSETIといったプロジェクトに取り組んでいると説明した。

さらに「この宇宙に無数にある星々のどこかに、我々とは別の生命が住む惑星がある確率は極めて高いというのが多くの科学者の見解だ」「ただし、その相手と我々が接触する確率は極めて低い」と指摘している。
                       byCNN
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-06-23 13:31 | 話題・ニュース

「スカイロン」 次世代宇宙船

昨年退役した米スペースシャトルの後を継ぐ宇宙船は、「カプセル」型か「翼」型か――。専門家や宇宙航空ファンの間で、熱い論争が続いている。米スペースX社の「ドラゴン」はカプセル型。米ボーイング社が開発している「CST―100」もカプセル型だ。一方、英国で開発が進む「スカイロン」には翼がある。これまでCNNに寄せられてきた意見によれば、次世代宇宙船には「格好良さ」も求められている。この点でほかの候補を圧倒しているとされるのがスカイロンだ 。
byCNN
e0241325_13431790.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-06-22 13:43 | サイエンス/読書

ヒトES細胞から網膜 世界初、神戸理研

 さまざまな細胞になる能力があるヒトの胚性幹(はいせいかん)細胞(ES細胞)から、光を感知する目の網膜組織を作ることに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)と住友化学(東京)などの研究グループが世界で初めて成功した。失明の恐れがある「網膜色素変性症」などの原因解明や治療への応用が期待される。

 14日付の米科学誌「セル・ステム・セル」に発表している。網膜はいったん傷つくと再生せず、治療法が確立されていない。網膜を構成する視細胞が傷ついて視野が狭くなる網膜色素変性症の患者は、国内に3万人以上。これまでヒトのES細胞から視細胞は作られていたが、網膜組織は立体的な構造で複雑なため作製できなかった。

 研究グループは、昨年、マウスで成功した技術を発展させ、ヒトのES細胞に組織化を促すタンパク質を加えて培養。26日後に目のもとになる「眼杯(がんぱい)」という組織を作ることに成功した。さらに126日後には、視細胞や、光の情報処理に関わる「介在神経細胞」などが層状になり、ヒトの胎児の網膜と同じサイズの直径約5ミリの網膜組織ができた。必要な細胞以外は含まれず、マウスに移植しても腫瘍ができないなど安全性も確認した。

 また、網膜組織を液体窒素で急速凍結する方法や、視細胞を速く効率的に作る薬剤投与の技術も確立。今後は同じく「万能細胞」と呼ばれる人工多能性幹細胞(iPS細胞)からの網膜組織作製も検討する。

 同センターの笹井芳樹グループディレクターは「今後5年以内にサルなどの動物で有効性を確認した上で、ヒトへの臨床応用を進めたい」と話す。

                by神戸新聞(2012/06/14 06:00)
e0241325_934939.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-06-21 06:00 | サイエンス/読書
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー