<   2012年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧


三宮東歩道橋が完成 オフィス街へ便利に JR三ノ宮駅前 

e0241325_164201.jpg 神戸市中央区のJR三ノ宮駅前で、ミント神戸から南へ延びる三宮東歩道橋が完成し、30日午前に通行できるようになった。駅方面から、2階デッキを通って片側3車線の中央幹線を渡れるようになり、オフィスや商業施設が集まる駅南東部への利便性が高まる。


 駅周辺では、神戸市が地下・地上・2階デッキの3層で歩行者の通行路を整備している。三宮東歩道橋は長さ45・5メートル、幅4メートルで、開通により総延長130メートルのデッキが完成した。

 この日に合わせて、歩道橋南側と地下の阪神電鉄三宮駅東改札口を直接結ぶエレベーターも稼働した。

 現地では、午前9時半から渡り初めのセレモニーがあり、関係者約60人がくす玉を割って完成を祝った後、歩道橋を渡った。この後、駅からオフィス街に向かうサラリーマンや買い物客が次々利用した。(山岸洋介)

             by神戸新聞(2012/07/30 13:05)
e0241325_16425912.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-07-31 09:23 | 地域情報

古事記1300年 出雲大社大遷宮 大出雲展

 本展は、古事記編纂1300年、そして平成25年に約60年ぶりで行われる出雲大社大遷宮を機に、出雲の古社、そして関わりの深い古寺の宝物と、出雲の重要遺跡から出土した品々を一堂に紹介する空前絶後の展覧会です。本展の事前調査による新発見も盛り込んで、出雲神話と出雲大社の成り立ち、古代・中世の出雲人がはぐくんだ神と仏への祈りのかたちを展望します。
by京都国立博物館

 □会 場  京都国立博物館
 □期 間  H24.7.28(土)~9.9(日)
e0241325_548730.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-07-30 15:49 | 美術館/芸術

タブレット、16年にノートPC超す 米調査会社予測

e0241325_20285493.jpg 世界のタブレット端末の出荷台数が、2016年にノートパソコンを追い抜く、との予測を米調査会社のNPDディスプレイサーチがまとめた。画面を指で触って操作するタブレット端末は10年に米アップルが発売した「iPad」で人気に火が付き、他社も次々と参入している。

 タブレット端末の出荷台数は11年に8150万台だったが、16年に4.4倍の3億5860万台に拡大すると予測。ノートパソコンの出荷台数も同じ期間に1.9倍に伸びるものの、3億5420万台にとどまってタブレットに逆転されるという。

 ノートパソコンは80年代に東芝などが売り出し、持ち運びできる手軽さでパソコンの主流になった。だがさらに軽量で薄いタブレットは、ソニーや富士通など日本メーカーのほか、今年に入りグーグルとマイクロソフトが相次いで参入を表明するなど勢いが加速。ディスプレイサーチは「北米、日本、欧州など成熟した市場で消費者の好みがタブレットに移りつつある」とみている。
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-07-29 11:24 | パソコン・IT

小磯良平作品展

[展示室 1・2] 小磯良平作品選II - 油彩、素描 -
小磯良平が描いた油彩作品52点を技法別、年代順に紹介します。風景、人物、静物とさまざまなモチーフにこだわりをもって描き続けた画家小磯良平。真摯にキャンバスに向かう姿をそれらの作品から感じ取ることができます。
 また、鉛筆、水彩絵の具やパステルでの素描作品を前期・後期で合わせて30点紹介します。これらの作品からは何十年と描き続け、年を重ねてもなお基本を大切に鍛錬し続けた小磯芸術の魅力を余すところなくみることができます。
[展示室 1] 同時開催/小磯良平作品選I―油彩―
 小磯良平が描いた油彩作品52点を技法別、年代順に紹介します。風景、人物、静物とさまざまなモチーフにこだわりをもって描き続けた画家小磯良平。真摯にキャンバスに向かう姿をそれらの作品から感じ取ることができます。

会 場  小磯記念館

会 期  7月14日(土)~10月8日(月・祝)

e0241325_17382294.jpg


                 by小磯記念館
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-07-28 13:42 | 美術館/芸術

ワードで写真やイラスト入りの暑中見舞いを作る

このところお天気はぐずついてはいますが全国各地で梅雨があけたと言われています。ところでまだ暑中見舞いを送っていない人は、ワードで暑中見舞いを作ってみませんか。利用可能な写真やイラストを組み合わせていくと、独自性の高い暑中見舞いを作ることができます。同様の手法で残暑見舞いなどの作成も可能です。

 暑中見舞いについては、「出したいけれども時間がない」、「気の利いたイラストが描けない」など、お悩みの方も多いのではないでしょう。そこで今回は、ワードで簡単に、しかもオリジナリティーのある暑中見舞いを作る方法を紹介します(図1)。
e0241325_901413.jpg

 きれいな暑中見舞いを簡単に作りたいなら、「テンプレート(下掲の「用語解説」を参照)」を使ってみましょう。「新規作成」の画面で「暑中見舞い」とキーワードを入力して検索します。すると、マイクロソフトのホームページにある暑中見舞いのテンプレートが一覧表示されます。気に入ったテンプレートを選んで「ダウンロード(「用語解説」を参照」)」ボタンをクリックすれば、ワード文書として開くことができます。テンプレートの中の写真やイラストは後から変更できるので、デザイン重視で選びましょう(図2~図4)。
e0241325_93756.jpg

写真入りのテンプレートなら、「図の変更」を使って写真を貼り替えると、雰囲気がガラリと変わります(図5~図7)。
e0241325_99274.jpg
 
e0241325_910286.jpg

テンプレートの中の不要なイラストや写真はクリックで選択し、「Delete」キー(下掲の「用語解説」を参照)で削除します(図10、図11)。
e0241325_91216.jpg


              by日経
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-07-27 08:27 | パソコン・IT

次世代「京」、富士通が着手

  富士通の山本正已社長は計算速度ランキングで2位に転落したスーパーコンピューター「京(けい)」の次世代機の開発に着手していることを明かし、「常に世界一を目指して今後もスパコンを開発したい」と述べ、首位奪還を狙う方針を表明した。

 「京」は同社が独立行政法人の理化学研究所と共同開発し、世界で初めて毎秒1京(京は兆の1万倍)回を超える計算速度を達成したスパコン。昨年6、11月の計算速度ランキング「トップ500」では、2回連続で首位を守っていたが、18日発表のランキングでは、米IBMが開発した「セコイア」に首位の座を奪われた。

 山本社長は「富士通は技術の会社。世界一を目指すところにいろいろな技術がついてくる。2位を目指すところには2位の技術しか集まらない。2位は物まねでできるけれど、世界1位は物まねではできない。オリジナリティがないとできない」と1位を目指す理由を強調した。

 京は国家プロジェクトとして進められ、2006年に開発を開始、今年度までの総事業費は約1000億円強。コンピュータ上でさまざまなシミュレーションを行うことができるため、台風などの気象予測、地震や津波の災害予測、新薬開発など幅広い分野での活用が期待されている。京の後継となる次世代スパコンに関しては国の方向性がまだ決まっていない。文部科学省などが検討中で、計算速度を追求するのか、その他の機能を付加するのか、性能の詳細などを今後決める予定。

<気象予報用のスパコンを台湾から受注>
 山本社長はまた、計算速度を活かしたスパコンによる新しいビジネスを開拓することが重要だとも語り、「世界でいろいろな商談が進んでいる」ことを明らかした。

 25日には、台湾の中央気象局から「京」をベースにした商用機「プライムHPC FX10」を受注したことも発表した。同機の海外からの受注は初めてで、同局は気象予報、地震や津波のシミュレーションなどに活用する。受注額は約14億円で、今年から3年かけて段階的に納入する。14年12月に完成する最終的なシステムの計算性能は毎秒1000兆回超になる見込みで、これは現行システムの約100倍。気象予報のスパコンとしては世界トップクラスとなる。

 富士通ではスパコン事業の売上高を2015年に1000億円に拡大し、世界シェア10%を目指す目標を掲げている。「京」がスパコン性能世界一を獲得した昨年6月以降、スパコン分野で計10件以上の商談が成約している。
  (ロイターニュース 白木真紀;編集 田中志保)
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-07-26 07:48 | パソコン・IT

相楽園 にわのあかり

相楽園で夏の終わりを惜しみ、あかりをテーマにしたイベントが開催されます。都心にいることを忘れさせる庭を舞台に、蝋燭のあかりや灯籠などが庭園内に灯され、優しく幻想的な「和」の雰囲気を楽しむことができます。土曜日の夕刻にはガムラン演奏やジャワ影絵芝居が予定されています。

開催日時 2012年8月25日~26日 夕暮れ~21:00(入園は20:30まで)

開催場所 神戸市立相楽園

料 金 入園料が必要
      兵庫県内、65歳以上 公的機関証明書持参 無料

お問い合わせ先  相楽園 078-351-5155(代表)

 関連情報を見る

 2009年にわのあかりブログを見る 
                 by管理人
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-07-25 16:47 | お出かけ情報

有線LANで無線LANを使う方法

e0241325_10212828.jpg 出張や旅行でホテルに宿泊した際、客室内に有線LANポートがある部屋はだいぶ増えてきましたが、無線LANには対応していない事の方が多いです。
このようなときに役立ツールが、有線LANポート搭載の携帯WiFiルーターです。おすすめは、ロジテックの「LAN-W150N/PRIPH」です。

無線LANアクセスポイントとして利用し、各種デバイスをインターネットに高速で接続することができます。価格も2,000円と手頃な価格です。

 ただつなぐだけで即利用の超簡単。購入は下記から
  アマゾン        
by管理人
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-07-24 08:12 | パソコン・IT

ピサロと印象派展 県立美術館

 フランス印象派と言えば、まずモネやルノワールの名前が浮かびます。しかし彼らは計8回の「印象派展」に、実は半分ほどしか参加していません。
個性あふれる印象派の面々を最年長者として忍耐強くまとめ、8回の展覧会に欠かさず出品した唯一の画家が、カミーユ・ピサロ(1830-1903)です。ファン・ゴッホやスーラなど新世代にも慕われ、印象主義のためには新奇な手法を取り入れることも恐れませんでした。
自然の風景や人々の暮らしを描いたピサロの穏やかな作品には、19世紀という激動の時代における都市と田園の対比や変貌する自然観など、同時代の様々なテーマも見てとれます。
兵庫県立美術館の開館10周年を記念し開催する本展では、国内外に所蔵されるピサロ約90点に、モネやルノワールも加え100点以上を展示。印象主義の探求に生涯を捧げたピサロの作品を軸に、近代の絵画、そして社会の原点を、あらためて見つめ直します。
e0241325_605257.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-07-24 08:12 | 美術館/芸術

H2B打ち上げ 小型衛星が活路を開くか

  宇宙開発をめぐり、また日本独自の技術が花開くのか。無人補給機「HTV(こうのとり)」を載せた国産最大のロケット「H2B」3号機が打ち上がり、国際宇宙ステーションに向かった。

 これを待ち構えるのが、一足早くロシアの宇宙船「ソユーズ」で出発していた日本人飛行士、星出彰彦さんだ。

 「こうのとり」は、福岡工業大(福岡市)が開発した「にわか衛星」など超小型衛星を5基積み込んでいる。順調に行けば9月上旬、これらの衛星を星出さんが宇宙空間に放出する実験に挑む。

 地上から直接打ち上げず、宇宙から宇宙へ衛星を送り出す取り組みだ。世界初の画期的な試みであり、ぜひ成功させ、日本の技術力を示してもらいたい。

 5基は緩衝材で包まれている。ステーションの日本実験棟「きぼう」内で梱包(こんぽう)を解き、放出装置の先端に取り付ける。ロボットアームでつかんで専用扉から宇宙空間に出し、アームの方向を調整した後、ばねの力で順次押し出すという。

 小型衛星をロケットに載せて地上から打ち上げる場合、振動など厳しい環境を克服しなければならず、開発に時間がかかり、費用もかさむ。宇宙からの放出は衝撃が格段に少ないうえ、機器の調子を直前までチェックできる利点もある。

 福岡工大の衛星は搭載カメラで地球を撮影し、写真データを従来の100倍の高速で地上に送る実験などをする。成功すれば、小型衛星をインターネット中継に利用することも考えられるという。

 九州産の小型衛星が国産ロケットで宇宙に向かうのは、鹿児島大などが開発した「KSAT(ケーサット)」(2010年5月)、九州工業大(北九州市)の「鳳龍弐号(ほうりゅうにごう)」(今年5月)に次いで3例目だ。九州工大の衛星は太陽光発電機による高電圧発電に成功した。今回も計画通り成果が挙がることを期待したい。

 今回、初披露となる宇宙での衛星放出システムが軌道に乗れば、小型衛星の打ち上げ機会が増え、宇宙利用に新たな可能性が広がりそうだ。小型衛星の需要は今後高まるとみられ、日本の宇宙ビジネスの目玉にもなり得るのではないか。

 世界に目を転じると、宇宙開発の潮流は激変している。宇宙ビジネスは米国では民間が担う方向が鮮明になる一方で、中国が自前の宇宙ステーション構想を打ち出すなど存在感を増している。

 そんな中で、米国が主導し日本が大きく依存してきた国際宇宙ステーションは20年に運用終了が見込まれている。その後の日本の宇宙開発をどうするのか、戦略づくりを急がなければならない。

 今月12日、宇宙政策の新たな司令塔となる宇宙戦略室が内閣府に発足した。

 衛星の放出システムをはじめ、こうのとりも、ロケットのH2AやH2Bも、日本が積み上げてきた宇宙技術の結晶だろう。星出さんの宇宙長期滞在は日本人としては4人目だ。そうした蓄積を生かす日本型の宇宙戦略が求められる。


=2012/07/22付 西日本新聞朝刊=
[PR]

by mimiyori-hansinn | 2012-07-24 07:33 | サイエンス/読書
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー