タグ:松原八幡神社 ( 2 ) タグの人気記事


行って来ました 灘けんか祭り 本宮

 今だから言えるのだが30数年前姫路に勤務時、10月14日、15日はお得意先回りと称しけんか祭りを必ず見に行っていた。今日当時のお得意さんの所に押しかけ一緒に祭りを楽しんだ。

「灘のけんか祭り」として知られる姫路市白浜町、松原八幡神社の秋季例大祭が雨天順延で16日、本宮を迎えた。関西は何といっても祭りのメッカ、漆塗りの屋根に金銀の装飾が輝く旧灘7カ村の屋台が次々と宮入りし、勇­壮な練り合わせを披露。歓声と太鼓のリズムが響いた。

勇壮な祭りをご覧ください。
                               by管理人

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2011-10-18 08:41 | お祭り

祭りだ 灘のけんか祭

e0241325_16274250.jpg
 皆さん秋は祭りの季節です。播州の祭りの代表は灘のけんか祭りです。兵庫県人は一度はご覧になってください。

 兵庫県・播州地方の秋祭りを代表する灘のけんか祭りは、勇壮で荒々しい祭りとして全国的に名を知られたけんか祭りです。

灘まつりは姫路市白浜町の松原八幡神社で行われる秋季例祭で、応仁の乱で焼失した松原八幡神社の再建の竣工祭に、赤松正則が寄進した米俵を木組に積み上げお旅山へ担ぎ上げたのが始まりと言われています。
 e0241325_16281248.gif灘のけんか祭りは毎年10月14日(宵宮)、15日(本宮)に行われ、一の丸、二の丸、三の丸と呼ばれる三台の神輿のぶつかり合いと、重さが2トンを超える各地域の6台の豪華な屋台の練り合わせが最大の見せ場となります。

姫路・灘のけんか祭りの祭礼地域は、灘地域とか灘地区と呼ばれる姫路市南東部の海岸地帯で、姫路・松原八幡神社が石清水八幡宮の別宮として全盛を誇った頃の支配領域です。灘のけんか祭りでは、灘7村と言われる灘地区で昔の村ごとに祭礼行事を行っています。

松原八幡神社から西へ1kmほどの所に御旅山と呼ばれる小高い丘があり、本宮ではここで神事が行われ、屋台同士がぶつかり合うの練り場となっています。
この練り場に先頭で入ってくる露払い役の松原の獅子屋台(だんじり)太鼓は日本の音風景100選に選定されています。

 ホームページはここをクリックして

 残したい”日本の音風景100選”一覧                       
                 by兵庫県
e0241325_16382719.jpg

[PR]

by mimiyori-hansinn | 2011-10-05 07:36 | 話題・ニュース
line

  中之島ばら公園     阪神のホットスポット・トレンド・話題 何でも知りたい・伝えたい・行きたい・行動したい・学びたい欲張りサイト


by mimiyori-hansinn
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30